今年も来年も天中殺なので淡々と受け身で過ごします

img002

大晦日は、家族みんなで大掃除して、お菓子を食べて、カルタして。久しぶりに逗子でまったり過ごす年末です。年賀状も書きました。次女ちかちゃんの描いた絵を採用しました。

img001

今年ハマったものを振り返った投稿をしたばかりですが、その後「マジックキングダム」にハマりました。昨日も今日もマジキンしました。レベル15まで来ました。アナ解放までが遠かった。ミニーはまだまだ先。

img_5068-2

2016年に読んだ本を振り返る投稿もしました。実は、そのリストに入れてなかったのですが、今年の座右の書は『ユミリー風水 天中殺の過ごし方』。2016年は天中殺で、来年も天中殺。私はこの二年間、おとなしくすると決めています。

  • 誰にでも必ず訪れる人生の「どん底」の時期。
  • このどん底の時期こそ「天中殺」です。
  • 天中殺とは「ゆっくり休むべき時期」です。天中殺の時には、それにふさわしい過ごし方があります。

ということで、ユミリー流に従って、焦らず奢らず、人と競わず、我欲に執着せず、修行のような心持ちで過ごしています。上手くいかないときは(結構ありましたが)「天中殺だから仕方がない」と平常心で受け入れる。おかげで、ストレスがとりわけ少ない一年でした。

まず大事なのが、受け身の姿勢です。自分の身に降りかかることに一気一憂せず、すべてを淡々と受け入れるのです。

再来年、天中殺があける頃には次女が小学生になり、保育園の送迎がなくなって、時間的な余裕が生まれます。そのとき何をするか、次のキャリアをどのステージに乗せていくか。天中殺だからこそ、将来について腰を落ち着けて考えることができ、貴重です。

天中殺は何もしないといけないから、家でじっとしているしかないわけではありません。内面を見つめ、自分を磨くべきときですから、「これから自分は何をすべきか」「どういった道を選ぶべきか」をじっくり考えてみましょう。

再来年から大学院に行こうと計画中。来年はどの分野で、どの学校で、どの先生につくのかを研究し、勉強する一年にしよう、と今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA