来年1月25日夜「市民協働コーディネーターは何する人?」勉強会します。奮ってご参加を

勉強会を企画しました。お題は次です。

市民協働コーディネーターは何する人?

来年(2018年)1月25日の夜、18:30〜20:30です。会場は逗子市役所5階第4会議室。定員20名。参加費は無料です。

水先案内人は、逗子市民協働コーディネーター現職の私(東)と、前職の木下理仁さんの二人です。

ゲストに、関東学院大学法学部地方創生学科 牧瀬稔先生にもお越しいただける予定です。

1月25日勉強会のFacebookイベントを作りました。

ご興味とご都合が合う方はFacebookイベントから申し込み頂けましたら幸いです。
1931642450496824

主催は「逗子の市民力を考える集い」です。逗子市市民協働課の共催となりますが、市民有志の企画として進めます。

秋頃、逗子コミュニティパークの会場で木下さんと会った際に「年度内に’逗子の市民力’をテーマにしたワークショップをしません!?」とお声かけありました。

ワークショップと連動し、事前勉強会を何度か行おうと木下さんと話し合いました。

ちなみに、

ワークショップは会場となる市役所会議室の空き状況を確認すると、空いていたのは3月31日(土)のみ。

ということで、

年度末最終日に逗子市役所で大規模ワークショップ

を企画しています。今回の勉強会チラシにその旨盛り込みました。

331ワークショップの詳細は追ってご案内いたします。

逗子市が現在、緊縮財政で様々な事業が休止・廃止され、気分がやや落ち込んでいる状況です。

でも、「こうしたときだからこそ、逗子の市民力を発揮だよね!」と改めて確認したい意図があります。

ですので、今後の勉強会で「逗子の市民運動の歴史」を扱うほか、子育て世代や若手メンバーなど逗子で活動実践されている方々と一緒に企画したいなと考えているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA