4月1日のご挨拶〜ほら話も100回言えば現実になる

IMG_0524

桜も咲いて、すっかり春ですね。本日、4月1日は新年度。市役所では、異動された方が辞令を手に次々と挨拶に来られる恒例の光景がありました。

さて、私事ですが、大学で教鞭をとることになりました。daigaku

目指すは、大阪の某先生のように笑いと専門性を兼ね備える教授になることです。labo_15_3

かねてより、都内女子大学のキャリアカウンセラーとして学生の絶大な信頼を集め、複数の大学でゲスト講義をした際の圧倒的な満足度の評判を聞きつけて、自宅から通える大学からお声がかかりました。hakkeicampus_1

「人生を変える授業!」と、大絶賛。

o030003001297743799059

逗子では、志を同じくする地元の仲間と一緒に、地域の子どもたちが集える居場所「逗子のタマリバ(通称:ズシタマ)」を作りました。

content_f88126cd6c83a33be9a38d5e5088ecc569bc19a2

子育て支援に関わる仕事を始めて以来、「地域で子育てが大切」と講演でいつも伝えていました。でも、この居場所を始めてから「子育てで地域が育つ」と感じる日々です。

227084

ズシタマの開設にあたっては、経営資源で必要なヒト・モノ・カネのうち、お金の問題をクリアし場所さえ確保できれば、何時でも実現できる状況でした。

そうしたなか、極秘にしていましたが、宝くじが3億円当たりました!IMG_0523

原資を確保できたので、子どもの居場所事業の運営は辻義和さんにお任せし、私はスタッフの立場で自分が一番楽しんでいます。10380328_834117423336615_673956650951178821_n

子どもたちだけでなく、大人が学び合う場の「フューチャーセンター」としても活用しています。コンセプトは「学生街の喫茶店」。そう、目指すはガロ。futurecenter

名誉館長に、元総合商社社長でNPO法人コヂカラ・ニッポン代表の川島高之さんをお迎えしました。ズシタマは又、ニッポン長時間労働撲滅キャンペーン運動の事務局も担っており、着実な成果をあげています。20140725154029

こうした動きがメディアにも注目されて、このたび雑誌の表紙を飾ることになりました。スクリーンショット 2016-04-01 19.32.40

ともあれ、家族が毎日笑顔でいるのが一番ありがたいことです。
IMG_9409


 

本日はエイプリールフールでした。

4月1日は「嘘をついて良い日」と言われていますが、違うんです。4月1日は「夢を語るのに遠慮がいらない日」。

福島正伸先生の言葉です。

夢を描くことを阻んでいるのは自分以外にない

ということで、

4月1日の夜に、自分がいま一番実現したいものって何だろう?と思いを馳せました。もうちょっと発想が広がってよさそうな気もしつつ。でも、バラ組に進級した次女が「パパ、あそぼ」と寄ってきたので、この辺で終了。娘に阻まれた。

以前、2010年4月1日のブログで「ブランコ付きで、書斎のある、白い一軒家で暮らしたい」と書きました。そしたら本当に実現し、自分でもビビりました。

ほら話も、100回言うと現実になるという話があります。

ほら、ほら、ほら、ほら、ほら、・・・、ほーらね!

350_Ehon_13299

1万回言うと、ホラーマンになるので要注意。

horaman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA