プロフィール

東 浩司(あづまこうじ)

株式会社ソラーレ代表、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事
1971年2月生、名古屋出身、大阪大学人間科学部卒、逗子市在住。6回の転職を経て、36歳で長女が誕生したことを機に研修講師で独立。「自分らしくいきいきと働く」をテーマに、ワークライフバランスや働き方改革などの研修を数多くの企業や自治体で行う。

父親の育児を支援するNPOで理事を務め、全国各地で男女共同参画や子育て支援の講演セミナーを行う。編書に『新しいパパの教科書』(学研教育出版)など。
profile2

株式会社ソラーレ代表

人材育成業界15年のキャリア経験をもとに、研修講師業で株式会社ソラーレを2008年6月設立。ソラーレはイタリア語で「太陽」の意味。参加型の楽しい進め方と、腑に落ちる内容の研修が好評である。
株式会ソラーレ ホームページ

NPO法人ファザーリング・ジャパン理事

日本初の父親学校「ファザーリング・スクール」を2009年に立ち上げ、イクメン・ブームの火付け役となった。全国各地でパパ講座やパパスクールを展開し、パパ友ネットワーク形成で豊富なノウハウを有する。
NPO法人ファザーリング・ジャパン ホームページ

聖心女子大学キャリアカウンセラー

2011年より大学のキャリアセンターで就職相談を行う。エントリーシートの添削や面接指導にとどまらず、業界の裏側などリアルな情報提供で学生の視野を広げ、考え方を転換させるカウンセリングが得意。

前逗子市市民協働コーディネーター

非常勤特別職。「行政と市民のつなぎ役」「逗子で活動したい団体・個人の伴奏者」を役目とし、四年間で113回の登壇(イベント司会/ワークショップファシリテーター/研修会講師)、50以上の団体を応援した。

*本ブログを始めたきっかけは、市民から「市民協働コーディネーターの広報不足」を指摘されたことでした。
★始めたきっかけは「アピールが足りない」と言われたことでした」

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 在学中

2018年度から大学院に通っています。前年から履修等科目生で通い始め、学び直しの時間が充実しています。修士論文のテーマは「父親の育児」。今後は大学教員へのキャリアステップを考えています。

その他、地域活動

まなび舎ボート・スタッフ(毎週月水の放課後活動)、逗子市立久木小学校PTA会長、久木小学校区住民自治協議会子ども部会部会長などの役職。「みんなの食堂」ほか地元の子育て支援にも力を入れています。

連絡先

メール:info@solare-h.com(株式会社ソラーレ問合せアドレス)
Facebook:https://www.facebook.com/azumapapa

講演セミナーのご依頼・お問い合わせは下記のフォームから