映画『バナナの逆襲』をみて、そんなバナナ!

逗子市民交流センターにて『バナナの逆襲』の自主映画会&トークイベントに参加しました。

主催は、東海大学教養学部SOHUM「アースミュージアム」プロジェクト

共催:逗子フェアトレードタウンの会、後援:逗子市。磯野さんと、市民協働課・荒木さんの挨拶も冒頭でありました。

偶々ですが、今朝のFMヨコハマにて、磯野さん・荒木さんのお二人が出演していました。ブログレポートもあり(→KANAGAWA Muffin「エシカル消費〜フェアトレードタウン・逗子市」

そして、『バナナの逆襲』のドキュメンタリー映画、すごく面白かったです。

実話なのですが、シナリオを用意していたのではと思えるほどのスリル&サスペンスなストーリー。フィナーレは、ハリウッド映画のような大団円。

登場人物も役者がそろっていました。

ハリウッド映画に出てきそうな髭の主人公と、ロシア大統領に似ている切れ者弁護士、いかにも性悪な悪役弁護士。いかにも、な風貌です。

今回見たのは第2話ですが、第1話も見てみたい。(→WEBサイト「バナナの逆襲」上映情報

映画のあとは、オルター・トレードジャパン小林さんによるバナナのお話し。バナナ栽培の歴史と現状、知らなかった話題が多く、いろいろ学びました。

ちなみに、オルター・トレード小林さんは、故小林正観さんにそっくり。

正観さんなら、きっとこう言ったでしょう。

そんな、バナナ!

東海大学の学生から、フェアトレードを広めるアイデアのプレゼンテーションもありました。

私にとって何より収穫だったのは、オルター・トレード小林さんから素敵な言葉を教わったことです。

わかる
かかわる
かわる

早速、来週のワークショップで借用しようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA