まなび舎ボートで「村や」へGO!

夏休みも毎週月曜と水曜は、まなび舎ボート

本日は、原っぱ大学が拠点にしている「村や」へ遊びにきました。

逗子の山林に、忽然と現れるワンダーランド。

秘密基地や崖のぼり、手作り遊具で目一杯遊びました。

そして何といっても、村や名物「泥すべり台」。
急斜面の土壁に水を流し、泥だらけになって滑り落ちます。

まずは、つじちょうが実演。

子どもたちも大人も、次々と突入して泥んこになりました。

私は着替えを忘れたのと、確実に怪我すると思われて、遠慮したのでした。

わが家の娘たちは慎重派で、こうした遊びには決して付き合ってくれません。夏休みは学童で楽しく過ごしている様子です。

私自身はかつてアウトドアズマンでしたが(15年前は山道具屋の店員でした)、インドア派な娘たちと10年と少し過ごすうちに、アウトドアな遊びができない身体になってしまいました。

ボートの少年少女たちと過ごすうちに、アウトドアのスピリットを取り戻せるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA