まなび舎ボートで「ほんもののお店をひらこう!」

逗子の小学生の夏休みは、まもなく終わります。

まなび舎ボートの夏プログラムも今回が最終回。「ほんもののお店をひらこう!」を行いました。

まなび舎ボートのFacebookページにもレポートがあがりましたので、ぜひご覧ください。

朝10時集合で、午前中は開店準備で商品製作や値付け作業を行いました。

前もって子どもたちとも作戦会議をひらき、決まったのは四つのお店です。
スーパーボールすくい、魚つり、てづくりやさん、フリーマーケット。

12時半お店オープン、16時閉店の長丁場でしたが、30名の売り子たちは集中力を発揮し、大繁盛のお店を盛り上げました。

私はフリーマーケットの担当でした。

店長の小二男子が強気の値段設定で、1000円以上が続出。「これは売れないかも・・」と心配していたら、開店するや「高い!」とお客さんから言われると、大幅値下げを断行。2000円→150円。

途中で商品がなくなるお店が続出で、追加補充。

「てづくりやさん」は元々、自分たちが作ったアクセサリーなどを販売するところだったのが、いつしか「てづくり工房」に変身し、お客さんと一緒に作る場になりました。

こうした柔軟さは、商売に向いているかも。

ほかにも呼び込みで張り切った子たちもおり、みなでがんばりました。

まなび舎ボートと過ごした私の夏休みも、これにて終了。

ボートのおかげで、私も充実の夏でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA