防災キャンプ@スマイルの二日目に参加しました

昨年スタッフ参加して勉強になった「防災キャンプ」が開催されました。

今年の会場は、逗子市体験学習施設スマイルです。

受付開始の数十分で定員30名を超える申込があった超人気プログラムとなりました。

私は前日はいろいろ用事が重なり、二日目からお手伝いで参加。

会場の体育館に着くと、手書きポスターで、ルールが記されていました。

私は朝6時に到着で、おらほのラジオ体操から。インストラクターはお馴染みのトリハツさんです。

昨夜は雨が降り、寝付けない夜を過ごしたとのこと。それでも、眠そうにする子はおらず、がんばっていました。

朝食は、コーンフレークとポタージュスープ。ゼリーは通りすがりのオジサン(私)から差し入れです。

朝のプログラムは「防災カルタ」づくり。これは、今回の企画リーダーである小学生が考案したもの。(→レポート「逗子の小学生ボランティア団体「被災地にとどけ隊」定例会に参加したぺし」

あいうえお50音を頭文字に、子ども達がそれぞれ「防災」をテーマにカルタの言葉を考え、紙に書きました。

完成した作品がみな素晴らしい!当たり企画でした。

出来上がったカルタを全部を紹介したいほどなのですが、一部だけ。

作品を並べて、いざカルタ取り大会。

真剣勝負で、大いに盛り上がりました。

最後は、「被災地にとどけたい」のリーダーから締めくくりの挨拶。力がこもったスピーチでした。

小学生低学年の男子が多く、集中力を保つのが難しかったと前日の様子を伺いました。2日目もそうした傾向はみられましたが、カルタの作品をみて、防災キャンプの意図がしっかり伝わったことが分かり、手ごたえを感じました。

被災地にとどけたい、トリハツさん、スマイル職員みなさん、そして参加の子ども達。おつかれさまでした。今日はゆっくりお休みくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA