欠航は結構です。沖縄へ。

人生のトランジションにおけるニュートラルゾーンを過ごすべく、沖縄へ出発。

4泊5日のプランでした。本当は離島に足をのばしたかったのですが、台風25号直撃と被って断念。

台風は心配でしたが、目的は観光ではなく、ホテルに篭ることでした。台風に閉じ込められた部屋で過ごすのも又よし。

そう考えていたら、前日の午後、予約していたジェットスターから欠航のメールが届きました。

ヤバっ!

あわててバニラエアのWEBサイトをみると、席が空いていたのですかさず予約。

しかし、バニラエアからも欠航の案内が届く。

欠航は結構です。

などと言っているわけにもいかず、判断を迫られました。

出発を一日遅らせて3泊4日にするか、旅行自体を取りやめるか。

JAL/ANAの正規料金(4万円)で行く気にはなりません。うーんと唸っていたら、スカイマークの選択肢があると気づきました。

LCC便に比べると割高でしたが、スカイマークで往路・復路と取りました。

台風情報を何度もチェックし、翌日の昼までは怪しいと予想。午後イチの便を選択しました。

結果、午前の便は欠航で、午後出発にして正解でした。無事に飛んでよかった。

しかし、不正解の選択がありました。ジェットスターのキャンセルです。

往路は欠航になったので仕方なく、復路もスカイマークに乗り換えるべくキャンセルしました。すると、ジェットスターから返金ではなく、バウチャー券が届きました。

ジェットスターのキャンセルの仕組みを初めて知りました。返金ではないのですね。

復路はキャンセル料がかかっても仕方ないと思いましたが、欠航の往路は普通に返金してよ。バニラエアの欠航便は全額返金でした。

返金を求めるべくコールセンターに何度も電話したものの、つながる気配がありません。那覇空港に到着し、Jetstarのサービスカウンターへ相談にいくも「バウチャーに代えてしまったら何もできない」とつれない対応でした。

バウチャーを使ってジェットスターで又どこか旅行する選択肢もあるのですが、有効期限が半年しかないので使えるか分かりません。

復路はスカイマークをキャンセルし、ジェットスターで取り直すことにしました。スカイマークのキャンセル料は、払戻手数料500円也。

昨年、ジェットスターを利用して大分と北海道に行き、コスパの高さに大満足でした。私の中でジェットスター推しだったのですが、今回の対応は残念だったな。
(→ブログ「ジェットスターかなり使える」

那覇に着いてからそんな対応で時間を取られ、ちょっと疲れました。

何はともあれ沖縄にきたので、楽しみます。

気分は、Be Okinawa で。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA