ビジネスデザイン研究科「キャリアデザイン」の授業で発表

土曜の午後はビジネスデザイン研究科「キャリアデザイン」を履修しています。先生は中川有紀子教授

授業では、武石恵美子先生『キャリア開発論』の輪読レポートを受講生が行った後、中川先生とディスカッションします。今回の時事ニュースはゴーン解任劇でした。

土曜はPTA行事や講演が入って私は欠席しがちなのですが(すみません)、今回は発表の日でしたので出席を死守しました。

私の担当章は「ワーク・ライフ・バランスと働き方改革」。私のお得意分野です。

「ワークライフバランス」と「働き方改革」のちがいは何?
両者はどのような関係にあるでしょうか?

授業の冒頭で問いかけることから始めました。

私なりの答えは、次になります。

働き方改革はワークライフバランス実現の手段であり、ターゲットに違いあり。
ワークライフバランスでは対象外だった経営管理職と独身者が、働き方改革で当事者になったのが大きい。

いつもの講演よりも脱線トークが多く、テンション高めで楽しく発表できました。

ちなみに、今週は他にも授業の発表が続いて少し大変でした。これにてひと段落つきました。

骨休めに、中川先生から紹介された新書を早速読んでみよう。

授業を終えて、同級生と情報交換して帰る頃にはすっかり暗くなっていました。

立教大学名物のクリスマスツリーが点灯されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA