サイボウズ・ワークスタイルドラマ「声」<全6話>オススメです

IMG_0453

今日もいろいろやべきタスクが続くなか、朝メシ前に人間ドックへ(胃カメラを呑んだので朝食は抜き)。山本メディカルセンターさんのホスピタリティ、抜群でした。

クリニックへ行く前の朝メシ前のひと仕事で、FJメルマガを配信しました。二週間に一度の定例タスクです(→FJメルマガの登録はこちら)。いつもながらの盛り沢山、長文メルマガとなりました。今回ピックアップした記事はこちら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] サイボウズ・ワークスタイルドラマ「声」全6話が完結
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イクボス企業同盟加盟企業のサイボウズ社が製作、「育児と仕事の両立を
考えるワークスタイルドラマ『声』<全6話>」が完結しました。
http://cybozu.co.jp/company/workstyle/papa/

ちょうど1年前、同社のワーパパ動画「パパにしかできないこと」が一部不評
だったのですが、今回の動画で起死回生、見事リベンジの傑作です!

介護離職、父親の役割、働き方の見直し、夫婦パートナーシップ等のパパを
取り巻くワークライフバランスの諸問題が、危機感を伴って伝わります。

視聴がまだの方は、ぜひご覧ください。
[第1話 先輩/第2話 悠太/第3話 それぞれの/第4話 夫の言い分
/第5話 妻の言い分第6話 よりそう]
http://cybozu.co.jp/company/workstyle/papa/

サイボウズ青野慶久社長の最新刊も、働き方革命を志す方に必読書で!
『チームのことだけ、考えた。-サイボウズはどのようにして「100人100通り」
の働き方ができる会社になったか』(ダイヤモンド社、1,620円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4478068410

サイボウズさんの動画、オススメです。父親を取り巻く諸問題が危機感を伴って迫ってきます。まだご覧になっていない方は、第1話からご覧いただければ。

https://www.youtube.com/watch?v=43NqHXbAxSI

サイボウズ青野社長の最新作『チームのことだけ、考えた。-サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか』も推薦。働き方を変革するための理想やハウツーが随所に述べられ、サイボウズはまさに日本企業の働き方を変えるファーストペンギン。

IMG_0451

経営書として読んでもヒントが満載。私が一番読み応えあったのはサイボウズ創業物語で、グイグイ引き込まれました。

また、FJメルマガは代表・顧問・理事が持ち回りで巻頭メッセージを寄稿しています。偶々、今日は私の当番でした。下のメッセージを贈りました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 父親の育児が当たり前の社会へ。野望に一歩近づいた(あづま理事)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今夜、表参道で「パパの子育て応援塾」を開講します。東京都の主催事業で
FJが委託運営、私がコーディネートしています。詳しい内容は下記をご参照。
http://fathering.jp/tokyo-womens-plaza

日本初の父親学校「ファザーリング・スクール」を始めたのは2009年でした。
その後、各地の自治体と協働して父親向け子育て連続講座「パパスクール」
を展開し、ピーク時には首都圏7つの市・区と並行開催して大わらわでした。

当時と今を比べて、大きく変わったな、と思うことがあります。それは、
「イクメン」だけではニュースにならなくなったこと。イクメンブームの頃、
パパスクールの講座のたび取材が殺到しましたが、東京都の本事業は取材が
あまりありませんでした。

イクメンがニュースになったのは、「父親が育児するのが珍しかった」から。
今イクメンが話題にならないのは、「父親の子育てが当たり前」になった証拠。

私は講演で、「FJは、イクメンを広めている団体ではなく、イクメンを死語に
する団体なんです」と伝えています。その野望にまた一歩近づきました。

現在、FJ関連では「イクボス」が各地でニュースになっています。ここ数日は
国会議員の育休も大きなニュースです。これらも流行で終わらせることなく、
ムーブメントにして「当たり前」にしたいところです。

ともあれ、今夜の東京都パパ塾、楽しく盛り上げます!

FJ理事 あづまこうじ

ということで、今夜は野望にまた一歩近づくべく、表参道でフライデー・パパ・フィーバー!またレポートします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA