ZushiLife

仕事も生活も人生も楽しもう!

ワークライフバランスの研修出張〜労働時間を20時間削減する秘訣

      2017/06/04

ワーク・ライフ・バランス研修で、大阪出張でした。

トンボ帰りでしたので誰に知らせることもなく新幹線に乗り、研修会場に着いてFacebookにアップ。大阪の師匠やパパ友からコメントが入り、有難いことです。

以前はよく、研修中にグループワークをしている様子を撮影してブログにレポートしました。でも、集中力が削がれて良くないと思うようになり、最近は研修風景を撮るとしても開始前のみ。

たまに事務局から写真を送ってもらえることがあり、有難いことです。

今回はリピートの研修で、昨年も同じテーマで呼んでいただけました。同じ内容で、来月も東京で行います。クローズの研修(一般参加不可)ですが、検索したらWEBサイトに載っていました。

副題にある「自分らしくいきいきと働くために」が私のメインテーマです。

ところで、プロ講師の評価基準は、アンケート満足度でも喋りの上手さでもなく、唯一「リピートのオーダーが取れること」と思っています。なので、リピートでお声をかけていただけるのは大変に有難いです。

リピートの研修で参加者が前回と被るときは、違うテーマやワークを用意して臨むようにしています。二時間セミナーで四回分くらいは持ちこたえるネタがあります。

ただ、リピート研修の場合、親父ギャグがネタバレしているのがツライ。私個人の評価基準は「親父ギャグがウケたかどうか」にかかっています。今回は参加者が被っていなかったので、思いっきり披露できました。

評価基準といえば、「女性の部下が上司を評価する基準」について解説しました。今後の研修でネタバレするので此処ではマル秘にしますが、受講者の女性たちはうなづき、男性はうなだれていました。

今回の研修で、冒頭に司会が「ワーク・ライフバランス」を言い間違えて「ダーク・ライフバランス」と口にしたのをいじったりもしましたが、一番ウケがよかったのは先日の大学院の授業で萩原なつこ先生から教わったネタでした。

『24時間働けますか?』のCMが
『3,4時間戦えますか?』に変更

リゲイン飲めば、
一日の労働時間を
20時間も削減できる!

 - 研修講師業