フェアトレードタウンな啓発活動

逗子市は国内三番目のフェアトレードタウン。認定されてから1年3ヶ月経ちますが、引き続き、フェアトレードの啓発・普及に力を入れています。

本日は、市役所職員を対象にしたフェアトレード研修を行いました。様々な部署から約40名の職員が受講しました。私は全体の司会進行役です。

講師は、逗子フェアトレードタウンの会理事・森田恵さん。

沢山のスライド、クイズや動画など工夫を凝らした進め方で、フェアトレードの理解が進みました。

フェアトレードの認知率で、逗子は国内トップクラスなのですよ。

業界内で”ミスター・フェアトレード”と呼ばれる長坂寿久先生(逗子フェアトレードタウンの会代表)も最後に登壇。新たな知見を学ぶことができました。

先週土曜、逗子市民交流センターでフェアトレードの勉強会が行われていました。こちらの講師は、磯野昌子さん(逗子フェアトレードタウンの会事務局長)。

「希少価値の魅力 フェアトレードって何?」と題した講演会の主催は文殊の会。69回も講演会をされていて凄い!

まさに「フェアトレードって何?」という方が多くを占めた場で、価値のある場でした。

フェアトレード初心者の方が多い場だったなかで、フェアトレードタウン認証基準を満たすための苦労話を織り交ぜながら、分かりやすく伝わる講義でした。磯野さんのお話しは何度も伺っていますが、さらに進化した内容でした。

受講中の写真を事務局の方が送ってくれました。お隣の席の方に(住んでいる家もお隣です)「フェアトレードって何ですか?」と質問されて、「フェアなトレードです」と答えているシーンです。

フェアトレードは、身近な買い物を通じた社会貢献。世界や地域とつながる活動。今回の研修の学びで、そう答えるように決めました。

その後に寄ったオーケーストアで、フェアトレードラベルのコーヒーを買い求めました。

先日、マザーハウスの長財布を購入しました。フェアトレード商品です。品質がよくて値段も相応で、お気に入りの一品です。

大学院合格のお祝いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA