2月24日(土)勉強会「フェアトレードで逗子の市民力を発揮」

3月31日、年度末の最終日に逗子市役所5階会議室にてワークショップを行います。

その名も・・

「逗子の市民力を考える集い」

もともとは、逗子フェアトレードタウンの会代表 長坂寿久先生と、前市民協働コーディネーター木下さんから提案があり、一緒に進めている企画です。

331ワークショップに向けて「事前勉強会を何度かしよう」となり、このたび「フェアトレード×逗子×市民力」をテーマに開催することと相成りました。

申込はFacebookイベントから。

【フェアトレードで逗子の市民力を発揮】

フェアトレードタウンになった逗子で「市民力の可能性」を考える。

2016年7月16日、逗子市は国内3番目のフェアトレードタウンに認定されました。*フェアトレードタウン認定都市は世界に2040カ所あります(2018年2月現在)

フェアトレード普及の活動を通じて逗子が世界とつながり、市民団体・行政・企業が一体となり、若者の主体的な活動を促しながら、まちぐるみで平和と調和ある発展への貢献を目指しています。

この勉強会では、逗子フェアトレードタウンの活動を紹介しながら、逗子の市民力を発揮して、今後どのような可能性がありうるのかを考えます

・日時:2018年2月24日(土)15:30-17:30
・会場:逗子市役所5階会議室
・定員:20名
・参加費:無料
・主催:「逗子の市民力を考える集い」実行委員会
・共催:逗子市市民協働課、逗子フェアトレードタウンの

<ナビゲーター> 長坂寿久
逗子フェアトレードタウンの会代表。拓殖大学国際学部元教授。
著書多数。映画評論家でもある。

蛇足ですが・・

最初に作ったチラシ案に、長坂先生のプロフィールに「’Mr.フェアトレード’の異名をもつ」と入れました。先生から「どうも恥ずかしいので」と返事あり、削除いたしました。

「ミス・フェアレディ」を連想する語感で、私は気に入っているのですが。

「ミスター・フェアトレード」でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA