フェアトレードユースプログラム第二期の第一回ワークショップ

逗子市フェアトレードユースプログラム第2期、第一回のワークショップが行われました。

集まったメンバーは12名。欠席だった方も数名おり、登録は19名。盛況です。

横浜の高校や大学生など、市外の参加が多いのが特徴です。逗子開成高校から出場の男子2名も、いい味だしてました。

ワークショップの前半は磯野昌子さんの進行で、世界各国の家族写真をみて語り合い+100人村ワーク。中学二年生よりレベルが高く、さすが。

後半は、ミスターフェアトレードこと長坂寿久先生の講義「現代の格差と貧困は何故おこるのか。」・・長坂先生のニックネーム募集中。

担当職員の荒木さん。いろいろご準備おつかれサマーでした。

第一回ワークショップの様子は、インスタグラム・フェアトレードタウン逗子の公式アカウント(Fair_Trade_Zushi)にアップしました。

ちなみに、フェアトレードユースプログラム第1期のメンバーはプログラム終了後も活動をつづけています。フェアトレード推進学生団体「ASHA」を設立し、WEBサイトを開設。

ASAHAのインスタもよろしくデス!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA