フード連合・フレッシュ役員セミナーで働き方改革の講演

フード連合のフレッシュ役員セミナーで「働き方改革」と「男性の意識変革」をテーマに講演をしました。

加盟企業の単組で執行委員になられた若手の方々が対象で、’ヤング’な雰囲気でした。

私の講演は育児・夫婦ネタが多いので、冒頭で「結婚されているか/お子さんがいるか」手を挙げてもらいました。すると、7割が独身。育児ネタで引っ張りすぎないように気をつけました。

いつものように参加型のワークを行い、話し合いが盛り上がっていました。

私の講演先は組合が比較的多いです。連合本部ほか、産別(産業別労働組合)からもよく声をかけていただきます。

来週の週末は電力総連、再来週はUAゼンセンで講演します。フード連合の講演は今回初めてでした。

産別で参加された単組から「わが社でも」と声をかけていただける流れがあります。
日程が合えば伺いますので、気軽にお声掛けください。
(⇒向こう3ヶ月の予定と問合せフォームはこちら

以前、組合で行う講演テーマは「ワークライフバランスと育児支援」が主でした。

しかし今回もそうだったように、最近は独身者の組合員の割合が増えてきて、育児支援のテーマで行うと参加者のニーズから離れてしまうと感じます。主催者の事務局から「育児の話題を」とリクエストがあっても、当日の参加者の反応をみながら提供話題を軌道修正するのが常です。

この一年ほどは傾向が変わり、組合から依頼されるテーマは「働き方改革」が中心になりました。

ワークライフバランスに葛藤を抱えていない独身若手層も、働き方改革では当事者になります。働き方改革は、組合で扱うべきテーマと思います。

最近の講演では「世代交代で日本の働き方は変わるぜよ」の話をすることが多いです。

20代・30代の方々には「右肩上がりの発想」がありません。経済成長・バブル期の原体験をもつ世代が引退する15年先に、日本企業の働き方はガラリと変わると確信しています。

ちなみに、
フレッシュな組合役員みなさんに、親父ギャグはちょいウケでした。

親父ギャグは引っ張りました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA