Forbesで男の100年ライフを語り、逗子のランキング2位を見つける

夜はファザーリング・ジャパンの年次総会。イクボス式でサクサクと議事が進行し、アイデアを出し合いながら終了しました。

講演など全国を飛び回って多忙な理事が多く、年に数回しか合わない同志です。でも、普段からSNSやメーリングリストでやりとりし、お互いの信頼関係が十二分にできているので意思疎通が実にスムーズ。

あるべき論に固執したり、思いつきで物を言って議論を混乱させる人はおらず。’いいだしっぺ’がリーダーになるFJの伝統も息づいている。前向きかつ未来志向で、言動に責任があるメンバーとのディスカッションは心地いい。

FJが仕掛ける今年のプロジェクトに「男の100年ライフ」があります。先日、ヤクルトホールでキックオフフォーラムを催しました。フォーラムの内容は、YOUTUBEで視聴することができます。

どのターゲットに、どんな狙いで、どのような事業を仕掛けるか、ひとしきり議論がありました。「男の100年ライフはむしろ20代のビジネスパーソンにヒットする!」と西村理事から発言があったのを受けて、私はたまたま読んでいた雑誌『Forbes』6月号を取り出しました。

男の100年ライフプロジェクト。私としては、シニア世代の定年デビューでなく、50代サラリーマンのセカンドキャリアでもなく、10代から40代の新しい生き方・働き方・暮らし方に焦点をあてた事業にできたら面白いと思うのでした。

・・あ、あやうく、言い出しっぺになりそうだった。ファザーリングジャパンとフォーブスジャパンのコラボで、フォザーブリングスジャパン。とか言ってお茶を濁そう。

鎌倉に本社のある「カヤック」の柳澤社長がカッコよくドーン!と表紙に載っていました。鎌倉市はイノベーティブな都市5位、地方のプロが選ぶ住みたい街ランキング3位に選出されています。

さすが!のセンスな鎌倉市に比べ、逗子はやはり地味。『フォーブス』では逗子の記述は見つからず。

でも、石破茂前大臣の著書『日本列島創生論』で、逗子を見つけましたよ。

女性と男性の平均初婚年齢の高さが全国2位!

 

びみょーな銀メダル

・・鎌倉市は銅メダルでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA