お盆休みは学童ライフ

夏休みも後半になりました。娘たちは朝から夕方まで、学童ライフを満喫しています。

次女のお友だちが朝8時にお迎えにきてくれて、仲良く通学しています。お盆はお友だちが学童お休みでお迎え来なかったのですが、一人元気に向かいました。

小5の長女は重役出勤で、朝9時になってから学童に向かいます。小1のときから通っていて、居心地がよい様子です。

私は打ち合わせが散発的に入り、締め切りのスライドや原稿を出したりするうちに、お盆が終わってしまいそう。

本当は、夏休みで時間がたっぷりあるうちに修士論文をM1で書き上げる勢いで突入したのですが、やはり締め切りがないと進みませんでした。

新たに入手した先行研究の学術書を読みつつ、「父親」なるものに日々向き合っております。

妻は、お盆期間中も連日出勤です。

娘たちに、父子旅行(名古屋の実家など)を提案しました。でも、どこに行っても混んでるし、学童が楽しい様子なのでお出かけは諦めました。

保育園時代、お盆どきに子どもを行かせると先生方に申し訳ない気分になったので、できうるかぎり保育園をお休みにしていました。でも、学童になるとそうでもなく。

学童お休みにしても、娘たちは家でYOUTUBEをずっと見て過ごすことになるので、学童に行くほうがよほど健全です。

学童お迎えの帰り道、今日の出来事を娘たちから聞くのが、私の楽しみです。指導員の方々が毎日いろいろと工夫してくださっており、感謝感謝です。

学童様様サマータイムです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA