平成最後の昭和な紅白。サザンと元旦ボウリング。

大晦日の夜は紅白歌合戦。フィナーレのサザンオールスターズがさすが!
上の画像はサザンオールスターズ公式Twitterより転載。

平成最後!と大きく謳った2018年の紅白でした。松田聖子やユーミンの懐メロで盛り上がり、昭和の香りが漂っていました。

もちろん私は、昭和のノスタルジーに満足したのですが、平成生まれの20代以下はどう感じるのだろう。うちの長女はTWICEを目当てに紅白を観てましたが。

とまれ、翌朝にサザンオールスターズの公式Twitterをチェックしたところ、こちらの画像が現れました。

1月1日発売のシングル「レッツゴーボウリング」

桑田佳祐さんのボウリング・ラブが存分に伝わってくる、いかした曲です。茅ヶ崎、湘南の雰囲気でています。

YOUTUBEにはハワイのボウリング場で桑田さんの凄いボウリングシーンが中継されていました。

思わず、家族で元旦ボウリングに行ってしまいました。

久しぶりにボウリングしたら全然ダメ。妻と長女はストライク連発してましたが。

私は大学院の研究で、孤独なボウリングをすることにします。


(2019年1月7日追記)

平成最後の紅白で感じた昭和な香りについて、東洋経済オンラインでも記事になっていました。
「紅白『桑田&ユーミン」絶賛が映す平成の閉塞」

こうした分析力のある文章を書けるようになりたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA