さらば我が青春のグランベリーモール

IMG_5537

17年前の個人的な感傷で、南町田のグランベリーモールへ向かいました。2000年4月に開業したグランベリーモール、来週の週末で閉店です。

グランベリーモールがオープンしたとき、このショッピングモール最大規模の店舗で店員をしていました。伝説のアウトドアショップ「REI」です。当時の写真で手元に唯一残っていたのがこちら。

rei

シアトル本社の経営悪化、店舗の営業不振で、2年ともたずにREI伝説は終焉し、店舗はモンベルに引き継がれました。

もしREIジャパンが続いていたなら、きっと私は今もREIで働いているだろうと思うことがたまにあります。アウトドアが大好きなスタッフと仕事して、休みの日はみなで一緒にシーカヤックや山スキーをして、本当に愉しい職場でした。

当時の仲間の多くは同業他社に転職し、アウトドア業界で燦めく活躍をされています。例えば、こちら。REI当時から頼もしいボスでした。

ほかにも沢山、アウトドアショップやフィールドで活躍している仲間がいます。ただ私自身はアウトドアからすっかり縁遠くなり、又、失業した後ブラック企業を転々としたとき世間から消息を絶った時期があり、あまり連絡をとらなくなっていました。

今回は偶々、カスタマーサービスで同僚だった若月さん(旧姓:五味ちゃん)がお店にいて、再会を喜びました。

IMG_5542

私の原点は、17年前のREIグランドオープンにあり。今週と来週は予定が詰まっていて、唯一スケジュールの空いた本日の午前に、センチメンタルジャーニーをした次第です。お店めぐりをしていると、いろいろ懐かしい思いになりました。

IMG_5532↑↑
店の前にあるクマの置物。駅前で飲み会してたら終電を逃し、熊の足元で一晩寝て過ごしたことがありました。マネージャーから「不審者扱いされるでしょ!」と注意を受けました。

IMG_5538↑↑
靴の試し履きで設置されたオブジェ。子どもたちの格好の遊び場となり、興奮しすぎてゲロした子がいた。迷子が多い店で、週末の館内放送は迷子呼び出しばかりだったような。

IMG_5539↑↑
高さ15mの人口岩ピナクル。雑誌やテレビでしばしば紹介。REIのときは無料で登ることができ、親子連れで3時間過ごし何も買わずに帰る客に、クライミング部門のスタッフが苦悶。

IMG_5541↑↑
私はカスタマーサービスのリーダーでした。レジの違算が頻繁で原因を探ると、私がレジに立つと違算がでると判明。私がレジに立つのを止めたら違算がなくなりました。そんなこともあり、イベント担当に異動願い。

IMG_5540↑↑
SUUNTO社から寄贈されたという大型コンパス。子どもがガンガン飛び乗って割れるんじゃないかと心配でしたが、17年経ってもうんともスントも健在でした。さすが!

IMG_5545↑↑
店舗に併設されたスタバ。オープニングの日は氷雨が降り、開店前に行列されていたお客様に、スタバのコーヒーを振舞うホスピタリティを発揮しました。

それから、フレンドリーな接客がポリシーの店舗でした。彼氏にプレゼントを買い物にきた女性客に、か風が吹いても火が消えないライターを勧め、「私のハートに火を点けて。風が吹いても消さないで」とセールストークしたのは、さすがに破茶滅茶でした。

そんなREI東京フラッグシップストアには、楽しい思い出と、ちょっぴり酸っぱい思いがあります。(閉店が判ったときに何もできなかった自分の力のなさが今も悔しい)

17年前、REIに入社したとき「アウトドアのライフスタイルを広めることによって、一人ひとりがいきいきと充実した人生を送る支援する」というミッションを抱いていました。いまは研修という手段で、同じような志をもって活動しています。自分の軸は17年前と変わっていないと改めて自覚しました。

そして最後に、妻と知り合ったのがこのお店でした。オープン1周年記念イベントを行っている最中に付き合い始め、1年後に入籍。その意味でも、REIは私の人生の原点であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA