半沢直樹は小説×ドラマで、倍楽しみだ!

半沢直樹にハマりました。

普段ドラマをみなくて、前作のときも見ていなかったです。「倍返し」のセリフは知っていましたが。

今シリーズが始まり、Paraviで前作を通しで見ました。セリフ回しが絶妙、テンポがよく、人物描写が深くて、視聴者を飽きさせない。並いる歌舞伎役者の迫力が抜群で、面白かった。

思わず、原作の小説も手に取りました。

ドラマは原作のあらすじに沿いながらも、エピソードを新たに盛り込み、脚色と演出が豊か。ドラマは原作を超えた感がある。

登場人物を設定を変更し、登場者数を絞ることで人物像に深みを加えているところも凄い。

ネタバレにならない程度でいえば、ドラマでは半沢直樹を精神的にバックアップする花の好感度が高いが、小説だと銀行員の夫に理解のない妻として描かれるのみ。

小説で中野渡頭取は半沢の存在をむしろ煙たがっていて、ドラマとは距離感が随分と違う。

今シリーズの予習で、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」も読む。名場面が多く、二度読みした。

ドラマをみてから小説を読むと、登場人物の顔や声が浮かぶので臨場感が高まる。いずれの巻も後半からスピード感が増し、ぐいぐい読み進める。

小説の各シーンや人物像を、ドラマではどのように描くのか、興味津々。

半沢直樹は小説×ドラマで、倍楽しみだ!

惜しいのは、内藤部長と同期の近藤がドラマに出演していないこと。ネットで検索すると、NHK大河ドラマに出演中で調整できなかった模様。

小説では、半沢の後ろ盾となる内藤部長の存在感が際立っていた。内藤部長のセリフをドラマでは大和田取締役に語らせているのだが、小説を読んでからドラマを見てしまうと少し無理筋だったと感じてしまう。

小説では、近藤は広報の立場から半沢をサポートする仕掛けを繰り出し、渡真利と並んで重要な役割を果たしていた。前作でも重要な役どころだったのに、本作のドラマに出ていないのは何とも残念。

それから、ドラマで南野陽子が出てきたのは、バブル世代である視聴者の年代層を狙う制作者の意図が伝わって流石と思った。

一方、小説では登場しない小料理屋の女将、井川遥が何のためにいるのかがまだ分からない。今のところ銀行員の会話を立ち聞きしているだけだが、これから重要な役を果たすのだろうか。

同じく小説で登場しなかった今田美桜はスピンオフ編はよかったのに、本編では今ひとつパッとしなかった。

あと、白井大臣の女優さんは設定と同じくアナウンサー、もしくは政治家の女性を起用すればよかったのに、と思った。例えば田中みな実や金子恵美が演じたら、前作の壇蜜並に話題になったと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA