戸塚で葉っぱワークショップ〜2/21みなとみらいでウェルカムベビープロジェクト

IMG_0496

戸塚で「葉っぱのワークショップ」に参加しました。進行はNPO法人こまちぷらす森さん。司会の腕がますます上がっていました。

IMG_0495

昨年、横浜市子ども子育て支援制度に関するパブリックコメントで1500件以上の声が集まりました。その中から代表する声を一部抽出し、葉っぱの紙に貼ったものを見ながら、自分が気になったものを3枚選びます。

12644745_937266803021676_3389945782500025923_n

産後ママのケアや病児保育、放課後の子どもたちの居場所など、それぞれの当事者性で葉っぱが選ばれていました。企業、行政、地域のママ、パパなど多様な属性のメンバーが集まったので、関心事も多様でした。

葉っぱワークショップの最後は、4コマ漫画を作成。15分ほどの作業時間で、みなさん力作でした。

IMG_0499

私も傑作マンガをつくりましたよ。

IMG_0498

ところで、、

ウェルカムベビープロジェクトについては以前にブログでも紹介したことがあり、沢山のアクセスがありました。(→「COMACHI meets YAMATO! 〜戸塚で始まる「ウェルカムベビープロジェクト」って何よ!?」

その後、ウェルカムベビープロジェクトのホームページも立ち上がり、本格始動しました。

スクリーンショット 2016-02-06 7.20.44

ホームページから一部抽出。

ウェルカムベビープロジェクトは赤ちゃんと家族を祝福する気持ちをこめて、地域みんなから小さなボックスをお贈りする日本初の民間型プロジェクトです。

未来の担い手である子どもたちの誕生が、家族・街・企業に歓迎される社会になることを目的として、2016年4月、横浜市戸塚区からはじまります。

子育てをみんなが支え合う地域社会を目指し、地域みんなで子育てする社会、日本をつくっていきましょう。

赤ちゃんが産まれたご家族が無償で受け取れるプレゼント。この試みを横浜市戸塚区からスタートします。戸塚区在住の赤ちゃんを産んだばかりのご家族がお申し込みをいただくと、無償でプレゼントを受け取ることができます。

まちの住む人だけでなく、美容院、カフェ、映画館・・・モノはないけど応援したい気持ちのある企業のみなさんからの思いも入っています。豊かな子育ての環境をみんなでつくっていきたいと考えたものの中から各分野の第一人者の選考委員のみなさまが厳選し、選ばれたものだけがこのボックスに入ります。

ということで、

各分野の第一人者の選考委員によるプレゼントの選評会とワークショップを2月21日(土)みなとみらいで催します。・・私も選考委員でした。

12573665_570477429782654_8751150639753517054_n


◉日時:2月21日(日)11:00~12:30
◉参加費:3000円(税込)お土産つきです。
◉定員:一般の方先着30名様 事前申し込みあり(※1)

<お問い合わせ、参加申し込み先>ウェルカムベビープロジェクト事務局(こまちカフェ内)
welcomebaby@comachiplus.org
※1 ワークショップお申し込み時は以下内容をご送付ください。件名:「2月21日参加申し込み」、
①参加申し込み内容:ワークショップ/交流会/両方、②お名前(フルネーム)、③当日ご連絡先(お電話番号)、④参加人数(大人・子どもの人数)
※2 参加費はプロジェクト運営費にあてさせていただきます。
お子様連れ可。中学生以下のお子様は参加費無料です。

◉12:45-13:45 交流会
ワークショップ中ではなくTeaBreakの雑談から面白い連携が生まれることもあるので、ワークショップの後、交流会ももうけています。参加費:1000円


 

先日、こまち森さんに呼ばれて、ワークショップの企画で相談を受けました。最初は「公開ミニワークショップ」となっていたのを、何をするのか明確にしたほうがいいとアドバイス。そこで、次のタイトルを案で出しました。

「ママたちが本当に欲しい!と思える商品/サービスを一緒に考えよう!ワークショップ」

その後、告知が始まり、受付開始とともに続々と申込が届いていると森さんから聞いて、ホッとしました。

そしたら、森さんからメッセージ入り「ワークショップの仕切り役をしてほしい」と。言出しっぺなので、引き受けるしかありません。出番をいただき、光栄であります。

最後に、こまちカフェで相談を受けたときの、悩める森さんをパチリ。

IMG_9558

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA