ロングトレイルにあこがれて〜八戸で逗子海岸の三倍ある砂浜を歩いてきた

IMG_6962

唐突ですが、いま八戸にいます。青森県の事業で依頼あり、研修の仕事で3泊4日の出張です。逗子以外の投稿がつづいてすみません。

研修は変則的な日程で、9月1日と3日が私の講師出番で、2日はフリーに。逗子に一度帰って又戻って来るのも大変なので、青森で過ごすことにしました。どう過ごしたらよいものか思いあぐねていたら、市民協働課の同僚、荒木さんのご実家が青森で、八戸のお勧めスポットを教えてくれました。「蕪島」と「種差海岸」です。

ネットで調べてみました。なんと、東北の太平洋側沿岸部を縦断する自然歩道「みちのく潮風トレイル」が整備中で、蕪島が出発・ゴール地点でした。八戸駅に着くと観光案内所で地図をもらい、八戸市区間のコースは変化に富んで面白そうでした。
IMG_6969

こう見えて私、昔はアウトドアを仕事にしていて、登山やシーカヤックなどのアクティビティを一通りこなしました。なかでもキャンプ道具を背負ってトレッキングするのが大好きで、ちょっとマニアックですがアメリカのジュンミューアトレイルニュージランドのトレイルを歩くのが夢でした。ロングトレイルに憧れをもちつつ、子育てを終えたら再開しようと密かに思っていました。それが今回、青森県の粋な計らい?により実行と相成りました。

まずはスタート地点の蕪島の神社により、おかぶをあげるお守りをゲット。
IMG_6958

お花畑や漁港、松林など風光明媚なコースを歩くなか、圧巻だったのは大須賀海岸。鳴き砂の白浜が延々と続きます。距離2.3キロとあったので、ハーフマイルの逗子海岸の約3倍。思わず、海の家を何軒建てられるか計算してしまいました。
IMG_6965

今回のゴール地点である種差海岸は天然芝が広がっていました。寝転がるとあまりに気持ちよくて、一時間ばかり昼寝をしました。この場所だけでも来る価値あり〼。
IMG_6967

八戸の市街地に戻り、まちをブラ歩きしました。ビジネスホテルが多く、お店も結構ありました。コンビニはもちろん、スターバックスやユニクロなど揃っており、日本中どこのまちに行っても代わり映えのない光景ではあり。

そのなか衝撃的だったのは、東京や神奈川にもよくある回転寿司チェーン。青森に着いてから昼・夜ごはんはいつも刺身定食を注文していました。お魚が美味しくって、八戸でおなじみの回転寿司を見かけたとき「もしや、本場の回転寿司はひと味ちがうかも!?」と入ってみました。そしたら、東京で食べるネタと全く同じ。ガクっ。期待した私が馬鹿でした。

ナショナルチェーンだから本部から食材が送られてくるのでしょう。地場の魚を出さないのはもったいない。市内の他の寿司屋と味の落差は明らかなのに、お客さんがそれなりに入っているのも不思議でした。

ちなみに、逗子には回転寿司がありません。それが逗子に住んでみて不思議の一つでした。いつか「ずし寿司」をオープンさせるのが夢です。(ウソ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA