ヒーロータイムでお父さんは疲労回復

「ヒーローコール」、ご存知ですか?

え! 知らないの?!

かくいう私も、ファザーリング・ジャパン徳倉さんのブログで知りました。すみません。

ヒーローコールとは、保育園で子どもが急な発熱があったときに「お迎えにきてください!」とお父さん宛てに連絡があること。つまり、お呼び出しの電話です。

お熱で倒れた子どもを救うため、困っている保育士からの呼びかけに応え、颯爽と登場するお父さん。たしかに、ヒーローコールの名にふさわしい。

「男はウルトラマン、女はシンデレラ」と石井希尚さんが解説されたように、男はいつだってヒーローになりたいのです。

そんなことを徳ちゃんのブログを読みながら考えた翌々日のこと。次女の保育園から、「ゲロしましたのでお迎えを」ヒーローコールがありました。

すわっ!一大事!!

私はちょうど二日間の講座を受けていた最中で、二日目午後の講義が始まるところでした。講座を中座し、一目散に駆けつけました。園から自転車で5分の場所にいたのは幸いでした。

久しぶりのヒーローコールに、弾む気分でお迎えにいきました。ヒーローは、呼ばれてナンボの職業ですから。

2歳くらいまで、お呼び出しは頻繁にありました。年少、年中となるに従って少なくなり、年長になってからは初めてです。

誰に聞いたか忘れたのですが、こんな説があります。

保育園からのお呼び出しは、「12回÷年齢」の数字が年間あたり回数の目安。
つまり、6歳なら年2回。4歳は年3回。1歳では年12回で毎月。

この説のミソは、0歳は「∞(無限大)」というところです。

保育園につくと、子ども達はお昼寝タイムでした。保育士の先生にお知らせすると、いかにも顔色わるそうな娘が起きてきました。娘の手をとり、歩いて帰宅します。・・保育園は自宅の隣で、徒歩1分も幸いです。

家に帰ると、まずは布団を敷きました。娘に休んでもらおうと思って布団を用意したのですが、娘は ipadでYOUTUBEを見始めました。寝る気配はありません。

なので、前日が深夜帰宅で睡眠四時間だった私が、布団で横になりました。

休みたかったのはヒーローの方でした

お昼寝、二時間できました。

ヒーロー、疲労回復!

以上、おしまい。ちゃんちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA