逗子と広尾は似ていると思うこと①〜街のポジショニング

IMG_0028

広尾駅近くにある人気のカフェ「BONDAI CAFE(ボンダイカフェ)」にいます。木漏れ日が落ち着くオープンテラスのお店で、いつ行ってもお客さんが多いです。私は広尾でお昼ごはんを食べる日が多く、いろんな店に行っていて、広尾ランチマップが作れるほどです。

このブログを始めてから一度投稿してみたかったエントリー。それは「逗子」と「広尾」の共通点です。私は2011年から、広尾にある聖心女子大学でキャリアカウンセラーの仕事に就いており、週1、2日ペースで広尾に通っています。

聖心入学式

カウンセリング内容は、主に就職相談です。これまで様々な会社で働いたキャリアと、研修講師で数多くの企業現場を見ている経験が全て活かせている仕事です。去年から逗子市役所で働くようになり、公務員志望の学生にガチなアドバイスが出来るようになりました。

と、いきなり話題がそれてしまいました。逗子と広尾の共通点の話しでした。

もう四年、広尾に片道1時間半の通勤をしているなか、広尾に着くとなんしかホッとします。広尾に、逗子と同じ空気を感じるからだ、と、あるとき気がつきました。

広尾はこぢんまりとしたサイズで、東京のほかの街に比べると行き交う人がゆったりしています。歩くペースも少し遅い気がします。そんなところが逗子に似ています。

逗子と広尾は街のポジショニングが近い、と考えたりします。

逗子も広尾も知名度はありますが、隣のブランディングが立っている街に比べると地味な印象があります。逗子でいえば鎌倉、広尾は六本木というメディア露出の多い街の影にある存在。ただ、目立ってないからといって、ひがんでいるわけでもないのも共通点。

ともに高級住宅地のイメージです。でも、本物のセレブは奥座敷にある葉山と白金台に住んでいます。又、逗子には米軍住宅、広尾は大使館があって、街中で観光客ではない外国人の姿をよく見かけます。ハイソな雰囲気があり、ランチの価格が高めなところも共通してます。

互いに駅前の商店街は活気あります。でも、ナショナルチェーンの店は少なく、大きな買い物をするときは近隣へ向かいます。逗子-大船と広尾-恵比寿、逗子-横浜と広尾-渋谷の関係性が、なんしか似ているような気がします。あくまで私個人の感覚論ですが。

と、逗子と広尾の共通項について初「披露」してみました。
広尾LOVEな人に怒られそうな投稿ですね。コメント不要です。
やりとりに「疲労」しますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA