荒木正太さんの会社でイクボス研修

本日は大阪出張。大手企業の労働組合でイクボス研修。笑いあり涙ありの講演を、90分間きっちりで行いました。

会場は、大阪城すぐ横のホテルでした。大阪で学生だった25年前、大阪城ホールで何度かコンサート裏方バイトをしました。光GENJIのローラースケート台を徹夜で組み立てたのは、スターライトな思い出です。今ではしがない、擦りガラスの40代に。

大阪城のとなりにあるビル群は、OBP(大阪ビジネスパーク)。バブル期の建設ピークに、土方バイトで足繁く通いました。バイト料は一日2万。あのビルのカーペットを敷いたのは私だぞ。

と、大阪にくるたび、若き日の感傷にふけってしまいます。

そんな私の感傷と親父ギャグに大阪の人は厳しく、今日の講演はちょいウケ。腕をあげねば。

講演終了後、ホテル隣りの本社ビルにいるナイスガイ、荒木正太さん(ファザーリング・ジャパン理事)に会いにいきました。若きエースに白河桃子さん『御社の働き方改革、ここが間違ってます!』をプレゼント。

そういえば今日は珍しく、ネットで母校が話題になっていました。荒木さんはまさに文学部出身。もうすぐ四人目のパパ。

withnews「文学部って何の役に立つの? 阪大学部長の式辞が話題に 思いを聞く」

最後に、おまけ。
今日の講演スライドをアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA