伊那市役所で職員研修「仕事も人生も楽しむ時間術」。いーな!と感想いただきました。

伊那市役所で職員対象のタイムマネジメント研修を行いました。
題して「仕事も人生も楽しむ時間術」。

伊那市と箕輪町、南箕輪村の三市町村合同で行われた研修会でした。木の香りがする快適な会議室で、グループ話し合いを主体とした3時間。

みなさんの反応がよく、とても進めやすかったです。グループの話し合いが盛り上がっていました。

効率ハウツーを学ぶのではなく、生き方を見直すことを目的にした研修です。

WORK(仕事の効率化)もむしろ、LIFE(人生時間の使い方)に重きをおいて、生き方を考える内容にしました。

キャリアやワークライフバランスの演習をいくつか行いました。生き方の洞察が深まったと思います。

担当者もすごく喜んでくれて、手応えがある研修でした。帰途、感想メールが届きました。

本日は、遠路お越しいただき、貴重な研修をありがとうございました。

笑顔にあふれて、参加者が積極的に話し合う研修を久しぶりに見たなという気がします。先生のおかげできっかけをいただけました。

研修後、子育て支援課の担当者ともお話しをしました。小崎さんが伊那で何度か講演されており、こちらでも大評判でした。さすが!

少しだけ、思い出話しを。

伊那市を訪ねるのは、実に20年ぶりでした。

伊那市には大学生のときサイクリング部の合宿で何度か来たことががありました。なかでも入笠山(伊那市と富士見町の境)は中央アルプスと南アルプスのパノラマが凄くてお気に入りとなり、毎年のように訪れました。

伊那の名物といば、ソースかつ丼。学生のときも食べた記憶があります。たしか、駒ヶ根で。

以上、昔話は終わり。

ランチで、市職員の方が伊那で評判のお店を案内くださいました。お店の厨房で小さい子が遊ぶ姿あり、微笑ましかったです。

豚肉だけど、ウマ!

次に来ることあれば、もう一つの名物、ローメンをいただくことにします。

伊那市の居心地がよくて、「伊那は、いーなー」というセリフが浮かびました。それを口にする前に、ゆるキャラ「イーナちゃん」を紹介されました。

伊那は、いーな!
否!じゃない

帰りはお土産に寒天をいただきました。
伊那といえば、伊那食品工業。「かんてんぱぱ」ですね。

難点パパ、と言われませんように

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA