8月13日はパパ友の命日です

8月13日はパパ友、井岡和海さんの命日です(享年32歳)。2013年のお盆に、ファザーリング・ジャパン関西の事務局長だった井岡さんが亡くなられて、もう四年。早いものです。

当時、まだ気持ちの整理がつかぬままに書き起こした追悼ブログ「さよなら夏の日」を今朝読み返し、井岡パパのことを思いながら、一日を過ごしました。

「笑っている父親を増やして、世の中を明るくしたい!」と語っていた井岡さん。

家族と一緒に何気ない日常を過ごし、笑っている父親でいることが、井岡さんへの何よりの供養になるのかなと思ったり。

私の娘たちは9歳と6歳になり、お世話の段階はすぎて、父親の手から離れて行動するようになりました。娘の成長を感じつつ、私自身、正直にいえば「父親育児の活動はもう卒業していいかな」と思うときがあります。

でも、そんなとき、井岡さんの声が聞こえてくるのです。
「東さん、もうちょっとがんばりましょーよ。笑ろてるパパをもっと増やさな」

はいはい、分かりました。もうちょっとだけ、がんばりますわ。
ということで、今日も某自治体宛に父親支援事業の提案書を、魂こめて送りました。

(左から二番目が井岡さん。ファザーリング・スクール2期の開講式にて)

(パパ料理講習ではご家族も一緒に。一列目正面が智子さん&わかなくん)

それから、井岡さんにご報告。急逝された時期に出版した『新しいパパの教科書』、売れ続けているんですよ。10刷になりました。

井岡さんの想いも乗せた出版記念ムービーは、今も大学の授業で流してます。これから親になる彼ら彼女らに、井岡さんのスピリットを伝え続けていますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA