久しぶりのジロー。完食できず。。

二郎ラーメンが食べたくなるときが、たまにあります。今日はそんな日でした。

午後からの出勤前に、新宿小滝通りのジローに寄りました。

にんにく入りで、チャーシュー多めにしました。

ひと口め。脳に電流が走り、あー、これ、この味。このがっつり感を求めていた。

つづいて、もやしとチャーシューを交互に口にする。太い麺にかぶりつく。ジローを食す満足感が体内に広がる。

途中まで順調。野菜と麺を平らげ、残りはチャーシューが二つとなった時、急に箸が止まる。お腹がいっぱいで、もう口に入れられない。

完食はジローで食べる礼儀であり、チャーシューを口に入れた。でも、一個が限界。

今年になって空腹16時間生活をしていることで胃袋が小さくなり、ジローを完食するだけのキャパシティを失っていました。カフェインレス生活も始めており、刺激物に内臓が拒否反応を示します。これ以上の油とニンニクを受け付けてくれなかった。

チャーシュー一個をどんぶりに残し、うなだれながら店を出ました。30分後に下痢しました。

しばらくジローはやめておこう。今日味わった敗北感を忘れた頃に、再び来店することを誓いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA