プレミアムフライデーは憲法カフェへ

3月31日は二回目のプレミアムフライデー。年度末の日に15時あがりは厳しいと思いつつ、私が向かったのは13時半会場、14時開始の「憲法カフェ@逗子文化プラザさざなみホール」

講師は、弁護士の松田恵理子さん。私のパパ友のパートナー=ママ友で、逗子でも何度かお会いしたことがありました。

知り合った当初、松田さんが弁護士と知りませんでした。私自身、知り合った相手の職業や年齢をあまり気にしないこともあり。

二年前、私の次女が生まれた助産院で「憲法カフェ」を行う案内をいただき、そこで初めて弁護士をされていると知りました。山本助産院仲間でもあり。

今回は偶々、文化プラザのチラシコーナーで発見し、チケットを買ったのでした。

憲法カフェは、一昨年の秋にビーチマフィンで催された会に太田啓子先生の会に参加したことがありました。知的好奇心を刺激された場で、機会あれば又参加したいと思いました。

今回の憲法カフェを主催されたのは、逗子・葉山九条の会。ずし平和デーで毎年お世話になっています。

松田さんの憲法カフェは、太田先生の会とは又違って、親しみを感じさせる雰囲気が特徴でした。

自己紹介で「元々は普通のOLで法律に関心がなかった」と触れられたとおり、普段から憲法や法律のことを考えているわけではない人にも理解しやすく、馴染みやすい内容です。

親しみのある口調で熱弁を奮う松田先生のレクチャーで、現行憲法が規定する私たちの暮らしの理(ことわり)について理解できました。質疑応答の回答で「憲法の存在を意識しないで生活できる状態は、実は幸せなのかもしれない」の話しも大いに納得しました。

憲法に関する論議は様々ありますが、憲法カフェは特定の側に偏らない伝え方を貫かれており、安心して聞くことができます。

終了後、「子育て世代のパパママを集めた憲法カフェをしてみたいですね」「できれば円座になって、お互いの顔が見える形でやりとりしながら話せるといいですね」等々、松田さんと話しました。

いっちょやりますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA