森へ行きましょう むすめさん♪ 奇跡の自然・小網代に行きました

IMG_0142

今日は次女を誘って、森に行きました。

今春に、自宅から徒歩5分にある池子の森自然公園を紹介したエントリーで、「首都圏でこんな自然が他にありますか?」と書きました。疑問文ではあるけれど反語で、「いや他にないでしょう」の意図でした。

それが、近場でもっと凄い場所を発見しました。小網代です。(下の写真は、NPO小網代野外活動調整会議ホームページから)

スクリーンショット 2016-06-08 20.12.50

近刊『「奇跡の自然」の守り方:三浦半島・小網代の谷から』を一読し、圧倒されました。

早速、仕事をお休みして「三浦半島1Dayきっぷ」を手に、京急電車とバスを乗り継いで向かいました。次女も保育園お休みです。

IMG_0709

朝8時すぎに家を出て、10時に現地到着。バス停から少し歩いて森に入ると、空気が冷んやりしました。思わず、「森にいきましょう♪ むすめさ〜ん♪」と口ずさみました。

IMG_0140

立派なボードウォークがあり、歩いていると蝶やトンボが常に視界に入ってきます。名前のわからない昆虫も沢山いました。蜂が近くにいたときは離れてくれるまで待ちました。木道に毛虫が現れると、娘は「ちょっと怖いんですけど」「戻りたい」を連発。だましすかしながら進みました。

koajiro1

山上から一気に下り、川沿いを歩きつづけて河口近くのテラスに到着。「おなかすいたー」というので、三崎口駅のコンビニで買った弁当でランチ。トンビが何羽も飛んでいるので、鶏肉を取られないよう警戒しながら食します。

IMG_0144

「早く帰りたいー」という娘に対して「パパは蟹を見たいのだ!」と意地を通し、アカテガニ広場へ。干潟でカニの求愛ダンスとヤドカリが蠢く姿を目にすると、娘のテンションがあがりました。

koajiro2

ちょっと勇気をだして、小ちゃいカニを捕まえました。最初は怖がってハナ垂れましたが、徐々に余裕がでてきた様子。

koajiro3

お天気に恵まれ、平日で訪れる人が少なく、干潮に合わせたおかげで干潟で遊べて、小網代の自然を堪能できました。私はお目当てのアカテガニに会えて満足です。ボランティアの方にもよくしていただけました。

小網代は、事前知識を仕込んでおく方が楽しめると思います。ここで展開された環境保全の取り組みと考え方に、目からウロコがボロボロ落ちました。

IMG_0708

環境保全の運動は通常、自然保護者 vs.開発業者の対立構図になります。小網代も、京急がゴルフ場等リゾート開発を計画し、市街化区域で住宅が建ってもおかしくなかったのが、「企業と地主とは喧嘩しない。政治とは距離を置く」の方針を貫いたことで、保全に成功。「自然を守った最大の功労者は京浜急行電鉄、地元地権者の皆様」という、常識とは真逆な言葉が出てくるところが凄いです。

本を読む時間がないという方は、「ほぼ日刊イトイ新聞」の特集「小網代の森へ遊びにいくよ!」でチェックされるのがよいと。

スクリーンショット 2016-06-08 19.28.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA