FJパパインタビュー、小林浩一さん@コヂカラ・ニッポン事務局長。7月10日第1回コヂカラカフェ「”世界で通用する子育て”をアップデートする」

娘が、どうみても俺に似ている。
やるしかない、と思えました(笑)

FJパパインタビュー。目標の30名は達成したのですが、続けております。

今回は、小林浩一さん。ファザーリング・ジャパンのメンバーとして活動されるとともに、FJの姉妹団体であるNPO法人コヂカラ・ニッポンの事務局長で活躍されています。

小林さんのインタビューは、先日(6月19日)保育ボスフォーラムの開始前に、お時間いただきました。フォーラムでは保護者代表でお話しされていました。

FJを知ったきっかけは?

妻が教えてくれたのです。「こういう団体があるよ」と。「ファウンダーの安藤さんがどんな人か、見てきたら?」と言われたんですね。安藤さんの行動予定が公開されていて、一番近かったのがタイガーマスク基金のイベントで見に行きました。

妻がFJを知ったのは、山口理栄さんの育休後カフェでした。その頃、妻の方がアンテナが高かったんです。

ちなみに、NHKクローズアップ現代でイクボスが特集されたときに「妊娠しました」とテレビで言っていたのは私です。

下の画像はNHKクローズアップ現代「”イクボス”ってどんなボス?」(2014年6月16日放送)より転載

FJに入会しようと思ったのは?

私の妻は発達障害で、障害者雇用でした。妊娠して、いったん辞めることになったのですが、また働きたいと。そうしたときに必要なのは職場の障害に対する理解もありますが、やはり上司が変わっていかないといけない。

まさにイクボスがスタートしたときだったので、色々と勉強したいと思いました。クローズアップ現代のときに川島さんと名刺交換し、地元の羽村市の男女共同参画フォーラムに川島さんに来てもらえたんです。

その流れで、コヂカラに入会しました。その後、FJに入りました。

FJでは夫婦パートナーシッププロジェクトと、メインマンプロジェクトに関わっています。メインマンのリーダー橋さんが「小林さんのパートナーはロールモデルだ」とおっしゃってくださったので。

あと、羽村市の講座でFJのいろんな人に来てもらえました。川島さんの他に、安藤さん、高祖さん、林田さん、新田さん、橋さん、堀込さん。自分のやりたいことで呼べる講師がFJにいたのがよかったです。

コヂカラ・ニッポンでの役割は?

いま事務局長をしています。副代表もしています。

もともと学校の教員で、川島さんからコヂカラの話を聞いてやりたいと思いました。いまは会社員ですから、メインでやるのは難しい。そこでバックサポートの形で関わり始めて今に至ります。

コヂカラで良かったのは、リアルに子どもと関わることができたことです。例えば、沖縄の高校生が玉那覇さんの引率で来られたときに、ファシリテーションを担当しました。

教員を辞めて子どもとの関わりがいったん切れたのですが、コヂカラで高校生や中学生と関わることができました。

パパ友との関わり方は?

地元のパパ友でいえば、保育園のパパたち6人くらいで飲み会を先週しました。第二回もやろうと。羽村市内で保育園以外のパパたちとの飲み会もしましたよ。

FJメンバーはパパ友というより、自分のやりたいことが話せる仲間、同志という感じです。やはり子どもが見えないと、パパ友という感じはしないです。

パパスイッチのエピソード

妻が妊娠したときです。検診で、1回目以外は全部付いていったんです。そのあたりでスイッチが入ったかな。

そして、生まれた子が女の子で、顔が私にすごい似ている(笑)

自分の子どもは、どうみても俺に似ている。寝顔をみても、私だなと思うときがある。私が子どものときの写真と見比べても、やっぱり似ている。

やるしかない、と思えました(笑)


上の画像は小林さんのFacebookプロフィール写真より拝借

小林さんが事務局長&副代表のコヂカラ・ニッポンで、勉強会が近日開催されます。

第1回コヂカラカフェ
「“世界で通用する子育て”をアップデートする」

  • 日時:7月10日(水)19:00〜20:45
  • 場所:ちよだプラットフォームスクウェア会議室401
  • 定員:20名(先着順)
  • 参加費:1000円
  • 内容:
    第一部「世界で通用する最高の子育て」藤村正憲氏
    第二部「グローバル視点の子育て」林田香織(FJ&コヂカラ・ニッポン理事)
    第三部 パネルディスカッション モデレータ奥野依理子さん(FJ会員)
  • 申込方法: Peatixからエントリーください。
    https://kodikaracafe01.peatix.com/view

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA