まちのこそだち小坪がプレオープン〜物品の寄付を求む【リスト付】

IMG_0714地域ぐるみで逗子の子どもを育てる活動を展開する「逗子まちのこ保育プロジェクト」が まちのこそだち小坪 をプレオープンしました。

まちのこ保育は、未就園児の一時預かりを行う事業です。地域住民が預かりサポーターとなり、子どもたちはお友達とプログラムを楽しみ、母親はリフレッシュする時間を確保できます。この試みが評価され、かながわ子ども子育て支援奨励賞を昨年受賞しました。

IMG_8650-1024x768

久木会館で毎週木曜と金曜に行ってきた「まちのこそだち久木」が好評で、このたび小坪にも進出。逗子全域へ広げたい!とする井上さんの野望の実現へと又一歩近づきました。

プレオープンの日は梅雨の合間の快晴。会場となる小坪大谷戸会館を覗きにいくと、近くの公園へお出かけしたとのことで、私も公園へ。すべり台やお絵かき、しゃぼん玉などして、子どもたちと一緒に遊びました。初日は5名の預かりで、みんなニコニコ笑顔でした。

machinokotubo

公園から小坪大谷戸会館に戻って、主催者の渡辺さんにお話を伺いました。目下の悩みは、活動に必要な物品が足りないこと。例えば、子どもたちが食事や工作をするための机が2台しかありません。

IMG_0715

ということで、こちらのブログで寄付の呼びかけをしたいと思いました。
必要な物品リストは次になります。

  • ローテーブル
  • ままごとキッチンセット
  • 子ども用スコップ・バケツ・ジョウロ
  • ビニールプール
  • タープ
  • マット
  • エルゴ(抱っこひも)
  • CDデッキ
  • リュック(避難用具を入れる大きめのもの)

譲れるものが自宅にあるよ!という方がいらしたら、まちのこ小坪にご一報くださいませ!
machinokokotsubo@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA