まなび舎ボートの新年度は20名でスタート!本日は春休みプログラム「マグロ」のプログラム。

春休みも、月曜と水曜は「まなび舎ボート」

新年度を迎え、まなび舎ボートに新しい仲間が増えました。一年前8名でスタートしたのが、これからは20名に!

相変わらず男子多めです(笑)

4月2日の月曜は旅行中で行けなかったのですが、水曜はボートに合流。4日の水曜は、午後から「マグロの”なぞ”をときあかせ!?」の春休み特別プログラムでした。

ということで、

まずはマグロの絵を描くところから始まり始まり。

その後、マグロのクイズで活発なやりとりあり。マグロの生態や種類などを勉強しました。

ひととおりマグロについて学んだら、みんなお待ちかねのマグロを食すタイム!

刺身やツナ缶、たたきなどで使われているマグロの種類を確かめながら食べるようにと指導が入りました。

が、マグロよりも速い勢いでがっつく男子たち。あっという間に餌がなくなりました。

食後は、マグロの乱獲などのレクチャーが行われ、サステイナブル(持続可能な社会づくり)について考えるサス学プログラムを終了しました。

今回だけ参加の子どもたちも合わせて、24名いました。質問すると沢山の手が挙がり、元気でやんちな発言が次々と飛び出します。

新一年生から五年生までおり、学年が離れているので能力差が大きく、進め方が相当に難しい。しかし、子どもたちの集中力を引きつけながら難なくこなす、つじちょうの技量はさすが!

とりわけ新五年生男子の反応がよくて、つじちょう大絶賛。まなび舎ボートで高学年向けのプログラムをやってみたい夢が膨らみました。

また来てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA