ネット解禁!「みんなの学校@逗子上映会」を久木のパパ友3人企画で開催!

IMG_0002

各地で自主上映されている映画「みんなの学校」の逗子上映会を催しました。あいにくの雨天のなか、沢山のご来場がありました。ありがとうございました。

お越しくださった皆さんが、感動で幸せな表情を浮かべて会場を後にする姿を見ながら、企画してヨカッタなぁと感じ入りました。

一緒に企画したのは、こちらのブログにもたびたび登場している辻義和さんと永井巧さん。逗子の久木に住むパパ友です。

三人で会うたび、「一緒に何かやりたいねー」と話していました。そして、辻さんがご自身で運営する柏のネクスファの「みんなの学校」の上映会を行い、私も観に行き、「久木会館で『みんなの学校』上映会しよう!」と相成りました。

tujisannagaisan

イベント慣れしている三人で、準備から当日運営まで本当にスムーズでした。多少のアクシデントがあっても、アイデアを出し合いながら、笑顔で乗り切るチームワークを発揮できました。

「みんなの学校」の映画、素晴らしかったです。みなさん、絶賛でした。会場の後ろで見ていると、ハンカチを目元にずっと置いていた方の姿にもらい泣。

IMG_9985

映画鑑賞後のふりかえり会が、さらに充実の時間でした。午前・午後・夕方の部と、それぞれに異なった層の方が集まり、多様な視点での深い対話が生まれていました。私は三回とも参加し、不登校支援をされているリーダーや学校の先生方から様々なことを教わり、得した気分でした。

IMG_9992

全回終了後は、ビールとおつまみを囲んで、ゆんたく談義。夜が更けるまで、こころおきなく語り合うことができました。松園さんのおにぎりパワーをもらいつつ。

IMG_0012

今回ゆえあって、集客告知をインターネットに頼らない方針で臨みました。地域限定の呼びかけで、どこまで集まるのか、正直不安がありました。でも、いろんな方が関心をもってくださり、声をかけてくださって、うねりが起きたのを感じました。

ネットを使わなかったからこそ、地元の有志ある方々とつながれた、と実感します。例えば、申込みや問い合わせをメールではなく、電話で行うこと。電話でお互いの距離が近くなった感触がありました。

実際、この1週間は毎日のように、昨日一昨日は一時間おきに私の携帯電話が鳴る状況。そのたびに「こんにちは〜」「ありがとうございます〜」と肉声でやりとりするのが、思いのほか楽しかったり。

結果、100名超の申込みがありました。当日になると、三回の開演で140名の参加となりました(大人・子ども含む)。会場キャパ的にギリギリちょうどの人数でした。

そして今回の上映会では、地元で沢山の仲間ができたことが何よりの収穫でした。地域で何かしたい、つながりたいと願う方達の想いを強く確かめることができました。ふりかえり会のまとめで、私からこんな話をしました。

「一緒にワークをするからネットワークになれる。ネットでつながるだけじゃネットワークになれない」

この手応えで、また次の仕掛けをしたいと思います。お楽しみに〜

★朝9時から夜9時までフル参加で、一番がんばったのは、ひまりちゃん。大人に付き合ってくれて、ありがとね^ー^

IMG_9998

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA