長野市マリッジサポート課主催「ライフデザインゼミ」で仕事と長野と結婚を語りあう

長野市マリッジサポート課主催「ライフデザインゼミ」にて講師出番。昨年も登壇し、リピートのご依頼です。

第1部は正能茉優さんの異能さが溢れる講演です。

等身大&参加者ニーズを確認しながらのトークで、会場全体がぐっと惹きつけられた感がありました。

私は講演後のワールドカフェの進行役。正能さんが場を温めていたおかげで進めやすかったです。

対話セッションを始める前に、出だしのオヤジギャグで盛り上げました。

参考に、スライドを添付します。

結婚応援事業として行われたセミナーであり、参加者のほとんどが独身者です。

結婚の前に恋愛があり、その前に、就職や仕事、住む場所の問題が気になります。

ということで、ワールドカフェで私が選んだテーマは下の三つでした。

「仕事」「長野」「結婚」

15分のグループ対話を3ラウンドおこないました。

参加者のニーズと選んだ問いが合致した様子で、どのグループも活発に話し合われていました。

全体シェアリングで感想を求めると、次々と手があがりました。第一部の講演で同様でしたが、長野の若者は発言力があって凄い。

締めのメッセージは「”ありがとう”の反対語は”あたりまえ”」。

本日11月23日は、勤労感謝の日でございました。

全体のセミナー終了後、立ち話をして残っている方が多かったです。余韻は、今回のセッションがうまくいった証拠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA