ZushiLife

仕事も生活も人生も楽しもう!

パパの料理塾で極楽ざんまい

      2017/11/16

パパ料理研究家・滝村雅晴さんが主催する「パパの料理塾」に参加しました。

パパの料理塾、栄えある第一回「和食献立マスターで、パパ料理偏差値10アップする講座」に集まった四人のパパたちと講師の滝村さんとともに、食べて、作って、飲んで、喋りつづけた、極楽ざんまいな時間でした。

キッチンに着くや、まずは乾杯のビールから。さすが、パパのニーズを掴んでいます。

大さじ小さじ、包丁の使い方など料理技術のイロハから、美味しい料理をつくる公式のレクチャーを教わる間、滝村さんが料理を次々に作り、提供されました。

もちろん、参加のパパ達も料理をしました。

アシスタントのファイナンシャルプランナー×料理研究家の池ちゃんから、1分でデキるツマミ料理の提供もあり。

出てきた料理、作った料理のいずれも、超ウマかった!


味付けはいたってシンプル。塩、ごま油、醤油だけで、こんなに美味しくなるとは!

なかでも絶品だったのは、味噌汁。これは早速、明日の夕飯で作らねば!

そして、本日予定の料理を作り終えたら、締めの乾杯!

食べ終えたら、みなで片付けをしました。

最後に滝村さんからパパ料理に込めた思い、天国にいる魔法使いのお話しがあり、パパの料理塾・第一回が締めくくりとなりました。

以下、パパの料理塾に参加した感想。

料理は、調理道具の使い方を理解したうえで、レシピ通りに作れば必ず美味しくできる。仕事と同じで、まずは基本を押さえることが大事。応用は基礎をマスターしてから。

パパの料理は、自分が作りたいものを作る「こだわりの男の手料理」じゃなくて、家族を笑顔にすることを考える。自分が作ったものを食べてくれる人がいることの幸せを噛みしめる。

今回の講習代は5千円。高級店で3時間コースでふつうに飲み食いすれば、これくらいの代金になる。それを考えたら、破格すぎる価格だ。だって、ウマイ!と思ったメニューをその場で食べておしまいじゃなく、家でも作れるようになるのだから。

私はゴルフをしないけれど、パパの料理塾はゴルフのレッスンプロを受けるのと似た感じかなと思った。

初心者は料理の基礎と理論を教わることで、自分で実践できるレベルまで到達できる。料理を日々つくっている上級者は、プロから直指導を受けることで、さらに上達させる技を磨くことができる。

レッスンは、上達したい人は定期的に受ける方がよい。

料理を作りたいパパたち、料理の腕をあげたいパパたち、こりゃ行くっきゃないよ!

 - ファザーリング・ジャパン