ピースメッセンジャー事前学習会三日目〜長崎市に届ける平和メッセージを作成しました

ピースメッセンジャー事前学習会の三日目。今回が最終回で、長崎市に届ける「平和メッセージ」を考え、作成しました。

冒頭、金子はるかさんによるプレゼンテーションがありました。金子さんは逗子在住の大学一年生。第18代高校生平和大使であり、現在もOGとして活動を支えています。昨日は長崎の祈念式典会場にいらっしゃったとのこと。

高校生平和大使の活動紹介があり、国連軍縮会議でスピーチされたことや、韓国の被爆者訪問などワールドワイドに活動されている様子が伝わりました。

「長崎と神奈川では平和活動の温度差がある」と金子さんがおっしゃっていました。来週、長崎を訪ねた際に、私たちもその温度差を確かめたいと思います。

本日のメインは「平和メッセージの作成」。長崎市長宛に手紙を書きます。事前学習会で学んだことを元に、平和への願いをしたためました。

制限時間とゴールイメージを伝え、相手に伝わる文章を書くポイントを示しつつ、進め方は班ごとにお任せしました。ホワイトボードで要素を書きだす班、リーダーが仕切って文章をまとめる班、パート毎に担当を決めて文章を書く班と、進め方が異なりました。主体性を発揮し、中身の濃い時間でした。

自分たちの言葉で考えた平和メッセージ。班毎に発表を行った後、清書しました。清書するのを待つ間、オバマ大統領の広島スピーチをYOUTUBEで視聴しました。

事前学習会ラストのプログラムは、千羽鶴の作成です。それぞれ50羽用意した折り鶴を、針と糸で通しました。親子映画の会のお姉様方がご協力くださいました。

こちらの千羽鶴は、長崎の平和公園で献納します。

最後に、3日間の学習会にずっと付き添ってくださった逗子市被爆者の会、上田さんから餞の言葉が贈られました。「はしゃぎすぎて、逗子の恥とならないように!」と釘を刺すのも忘れずに。

参加された20名の中学生みなさん、そして私にとっても初のピースメッセンジャー。来週8月16日に長崎へ出発する前に、できるかぎりのことは出来たかと思います。

現地レポートを後日お送りします。

逗子市ピースメッセンジャーのFacebookページでもレポートしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA