家族旅行の行き帰り電車で座れるかどうか心配な問題につき

IMG_0915

青森まで2泊3日の家族旅行。帰りの八戸駅構内にある本屋さんで、OZmagazineの湘南特集が平積みになっていました。

手書きのPOPで、こんな文章が。

湘南に行かない人も、ちょっと、パラっと、見てみてください。

まるで、旅をしているような、そんな気分になれますよ。

カフェ、海、スイーツ、ビーチサンダル、レトロ、雑貨、ケーキ

なにか、引っかかるキーワードがあったら
ぜひ、手に取ってみてください。

八戸のみなさん、雑誌を手に、湘南(逗子)に来てみてくださいね〜。

旅行の話は昨日のレポートで終しまいにして、ブログタイトルの「ZushiLife」らしく、逗子の話題提供を。

さて、電車でいく家族旅行となると、心配なのは行き帰りの電車です。子連れの乗車で長時間座れないと、結構しんどい。

新幹線は指定席を取ればよいのですが、在来線で満員電車の時間帯と重なると辛いものがあります。

IMG_0914

逗子から東京駅に向かう方法はJR一本。横須賀線は東海道線に比べて空いているから助かります。

飛行機の場合は、新逗子駅が京急の始発終点なので、確実に座れます。

今回の旅行は、朝7時台の電車で通勤ラッシュと被りましたが、逗子駅から4両増結される車両に待ったおかげで座って行けました。鎌倉より先の駅では座れず、これは逗子に住む人の役得といえるでしょう。

下りの横須賀線。東京駅から乗る場合、17時までならわりと空いていますが、18時以降になると混みます。これまでの経験上、東京駅はギリギリ席が空いていますが、新橋駅以降で座るのはほぼ無理です。

昨日は夜20時すぎに東京駅を出る電車に乗車でした。駅構内に大勢の人が行き交い、座って帰るのは諦めムード。座れないと、熟睡中の5歳児を抱っこで一時間揺られなければならず、私の背筋と腰痛が心配でした。

そして、結果発表。横須賀線はGood! と再認識したのでした。

*写真(左:東京駅ホーム、中:横浜駅につく直前、下:鎌倉駅を過ぎた後)

densya

久里浜行きの電車が東京駅に到着すると、優先席が一席だけ空いていました。そこに座らせてもらうと、隣の紳士が譲ってくれて、長女と次女は逗子まで一時間ぐっすり眠ることができました。

この場を借りて改めて御礼申し上げます。

一方、もう片方側に座っていたオジさんは完全シカトで、麻雀ゲームをスマホで続けていました。既得権益を手放す(この場合、先に座った優先席を譲る)のは簡単なことではないようです。

こういう大人にはならない、と改めてお誓い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA