ZushiLife

仕事も生活も人生も楽しもう!

まなび舎ボートの二年目新学期がスタート!ご近所の大人から本気で叱らってもらえた貴重な体験。

      2018/04/10

「まなび舎ボート」の新学期が始まりました!

去年4月に小学一年男子8名で船出したボート。二年目は子ども達が倍増。
異なる学年が交わり、女の子も数名いて、とにかく賑やかです。

学校ではまだ給食が始まっていないので、午前から子どもがいました。

昼飯前は、屋根裏の工事からプログラム(?)がスタート。
先週、一階天井の板が抜けたのでした。

午後、全員が揃ってから、まなびやボートの約束ごとを伝えました。

  • じぶんのことはじぶんで
  • にわであそぶときはくつをはく
  • 100さいのものをたいせつにしよう
  • じぶんがされていやなことはしない

一年前、まなび舎ボートの初日は近所のお寺に出かけました。
(→ブログ「まなび舎ボート初日。ピカピカの一年生はただいるだけで面白い」

二年目の初日も、同じ場所にお出かけしました。
ボート初日の恒例となりそうです。

10分ほど歩いて、目的地に到着。

裏山に登ってから、ちょっと一服。
人数が多いので、数えるのに一苦労。

子ども達は境内をぐるぐる回ったり、お墓を探検。
と、ここで、和尚さんが登場。

「君たちは何をしているんだ!」と叱られました。

イラストはイメージです
(転載元:https://www.videx.jp/detail/anime/v_a_toeianimation/atoa0013_0028/index.htm)

寺に来るのはよいが、ここは騒いだり、走り回ったりする場ではない。

全国から参拝者がいるお寺です。
静かにお参りしたい方もいるなかで、子ども達が騒いでよい場所ではありません。

和尚さんから、引率していた大人(私やつじちょう)にお咎めがありました。
す、すみません。

つづけて、和尚さんから、仏様のことなど説法がありました。
子ども達は神妙な顔つきで聞いていました。

和尚さんにお詫びをして、お参りを済ませて帰りました。

帰り際に、「お寺は左側通行です」と和尚さんに教わりました。
子ども達も素直に従いました。左が行きの階段、右が帰りの様子です。

大人たちは大反省。。和尚さん、本当に申し訳ありませんでした。
来年からは、一言断ってから入場するのを恒例にします。

子ども達にとっては、

ご近所の大人に、本気で叱ってもらえた貴重な体験でした。

和尚さん、ありがとうございます。

 - 学び舎ボート