ふだんの くらしの しあわせ〜逗子社協「第12回福祉教育セミナー」は大盛況でした

IMG_6783

”福祉”を一言で言い表すと何でしょう?

福祉とは「だんの らしの あわせ」である。そんな素敵な言葉に出会ったのは、数年前、私が市役所の仕事に就く前に参加した福祉教育セミナーでのことでした。

逗子市社会福祉協議会が主催する「第12回福祉教育セミナー」が行われました。今年で12年目のセミナーで、立派な記念誌が出来ていました。平日10-16時の長丁場となるセミナーに、市民交流センターの三つの会議室をつなげた会場いっぱい、90名以上の参加で大盛況でした。

IMG_6790

参加者の多くが、逗子の地域で福祉やボランティアに携わっていらっしゃる方々です。ボランティア“ Volunteer”の語源は”volcano(火山)”という説もありますが、火山のマグマのように内側から沸きあがるエネルギーで行動されている皆さんが集まる場は、自然とアツくなってきます。

私のお目当ては、長女の通う久木小学校の事例発表でした。かつてはPTA会長もされ、現在は学校地域支援本部のコーディネーターとして辣腕を奮う平唯介さんの、切れ味抜群なプレゼンが聞けることを楽しみにしていました。
IMG_6787

そして実は、このセミナーの日付は何ヶ月も前に教わって予定に入れていたのに、私がスケジュールを勘違いして午後1時から都内の用事を入れてしまったのでした。なので、本当は16時の最後まで参加するつもりだったのが、会場に居られるのは11時半まで。プログラムを見るかぎり、平さんのプレゼンはギリギリ間に合うと踏んでいました。

が、かなしいかな。一人10分と決められていた事例発表で、平さんの前にスピーカーをされた方の話しが止まらなくなり、ジ・エンド。今度また改めて、平さんにお話しを聞こう、っと思いながら、駅までダッシュして湘南新宿ライン11時34分発の始発電車に乗りましたとさ。
IMG_6785・・チラシのセンスが素敵ですネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA