市民活動支援補助金公開プレゼンテーションに行こうかい

市民活動支援補助金の公開プレゼンテーションを行いました。逗子文化プラザで朝9時前に出来た行列は、公開プレゼンの傍聴待ちではなく、図書館の席取りだった模様。期末テストが近いのかな。

逗子市市民活動支援補助金の制度は平成26年度より始まり、市内の市民活動でスタートアップする団体に5万円、新規・拡充する団体に20万円を上限として申請し、審査を経て交付が決定されます。審査結果は後日、市のHPで公表されます(→平成28年度の補助金交付団体はこちら)。

平成29年度にむけて11団体から応募があり、それぞれ熱のこもったプレゼンと、審査員との質疑応答がありました。

補助金を上手く活用して各団体の活動が軌道に乗ったり、発展するといいですね。

今回応募された団体の「逗子 歩行者と自転車のまちを考える会」が、3月25日「トモイクじてんしゃ教室」を逗子小学校校庭で行います。みんな、来てネ。

名古屋で過ごした少年時代、自転車のことを「ケッタマシン」と呼んでいました。
ケッタマンは、逗子の親子に通じるか?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA