しゅうちゃん(佐久間修一さん)にパパインタビュー

妻が出産したときは号泣しました。生涯一度のうれし泣きです。

今回のFJパパインタビューは、色物です。

佐久間修一さん。愛称は、しゅうちゃん。専業主夫です。

ご本人は「ぼくは人見知りなので・・」と謙遜されますが、親しみやすいキャラクターで多くの人から好かれている人気者です。

つい先日も、アメリカの映画撮影で自宅ロケがあったとのこと。ハリウッドデビューの日は近い!?

以下、しゅうちゃん物語です。


難病にかかったことで会社を辞めて、主夫になりました。

病気が発覚したとき、妻に申し訳なくて「別れてほしい」とお願いしたら、グーパンチされました。

ある日、先生から「病気が治っています」と告げられました。子育てができる身体になったと思い、妻に「子どもをつくってもらいたい」とプレゼンテーションをしました。NGでした。

そこで、子育てで自分ができることは何かを考え、妊娠、出産、授乳以外は自分ができるようになりたいと思いました。色々と勉強していたら、FJのことを知りました。FJは父親でないと入れないと思い、親になったら入るつもりでした。

妻が妊娠したのを機に、ファザーリング ・スクール9期に通いました。スクールに申し込んだきっかけは、子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」で知り合った堀込さんからの紹介です。

スクールでFJ代表の安藤さんに会って、「父親になったらFJに入りたいんですけど」と話したら「父親じゃなくても入れるよ」と言われました。なーんだ!と思って、スクール卒業のタイミングで入会しました。

FJに入って一番良かったのは、先輩たちから色々と教わることができたことです。新しい情報を仕入れることができる価値もあります。

「FJの会員になったら、全国に400人のパパ友ができるよ」と言われていました。FJはいろんなパパがいるので、自分に合うパパと会える魅力があります。

その一つが主夫で、秘密結社「主夫の友」の秘密総務部総務部長を拝命しています。

それまで人との関わりが薄かった僕が、FJのみんなから「しゅうちゃん!」と言ってもらえるのがスゴイ!!といつも感じています。


私は個人的に、しゅうちゃんは近い将来スターダムにのしあがっていくと思っています。スターの華をもっている方です。

しゅうちゃんの魅力をもっと知りたい方は、最新映像「足立人図鑑」をご覧あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA