海水から採った塩をおかずにおやつを作りました。

毎週月曜と水曜の放課後は、まなび舎ボート

16時すぎに100saiへ行くと、子どもたちがおにぎりをつくる準備をしていました。

先日のボートで海水を採りに行きました
その海水で塩を作りました。塩むすびが本日のおやつです。

慣れた手つきの子がいれば、おっかなびっくりで握る子もおり。

女の子がつくった三角おむすび。上手です。
普段からお手伝いしているのでしょうね。

つじちょうは竹細工のような工作を始めました。

??と思って観察していると、さとうきびを切り出していたのでした。

4月は連続シリーズ的に「塩」「砂糖」をテーマに取り組み中。

つじちょうがさとうきびの解説をすると、子どもたちの食いつきがいい。

砂糖もおかずに、本日のおやつをいただきました。

塩がからくて「しおー」がない。
佐藤さん、砂糖を食べません?

そんな親父ギャグ的つぶやき、子どもたちは完全スルーでした。

食後の腹ごしらえは、水鉄砲。まだ4月。。寒そ。

ちなみに、私は夕方ちょっと遅れてボートにいったのですが、私が入る前に慶應大学SFCの方が見学に来られて、子どもたちと体験プログラムをしたそうな。テンションあがって、楽しかった様子。

SFCの学生がインターンで、まなび舎ボートに来ないかなぁ。

放課後の子どもたちの居場所づくりという社会的課題の解決であり、サスティナビリ学習の実践場。
まなび舎ボートは研究対象としてもピッタリと思いました。

ご興味ある学生は、ぜひコンタクトを。
http://bootto.strikingly.com/#_12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA