社会デザイン学会でファザーリング・ジャパンの発表をしました。

社会デザイン学会の2018年度年次大会で、跡見女子大学・文京キャンパスへ。

自由論題発表の枠で発表をしました。
題目は「父親の育児支援を通じて見えてきた社会的課題と今後の展望

発表15分、質疑10分。スライド10枚で、ファザーリング・ジャパンの概要と活動内容紹介、課題と今後の展望などを説明。時間内に終えました。

ファザーリング・ジャパンの説明は慣れているのですが、学会で話すのは初体験。親父ギャグは封印で、アカデミックな話し方をするように努めました。

コメンテーターの鳫咲子先生(跡見学園女子大学マネジメント学部教授)から、ケアワークに関する確認と、虐待とDVについて要望を承りました。

鳫先生のご著書『給食費未納』を予習しましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA