ZushiLife

仕事も生活も人生も楽しもう!

公務員4年間と保育園送迎10年間のお勤めを終えました。

      2018/03/31

年度末。それぞれの職場で異動や退職など、送別があったと思います。

私が務める逗子市役所でも各所で送る会が行われていました。
私も4年間の公務員業を卒業です。

市民活動の師匠である手塚さんが花を贈ってくださいました。
定年退職される部長と一緒に、記念写真をパチリ。

転職経験7回あり、これまで7度送ってもらった経験あり。
でも、いまだに送別は慣れません。

お昼休みは、市民協働課のメンバーとお弁当をいただきました。
「夢」と銘打ったお菓子を頂きながら、夢を語り合う「向夢員」。

四年間に行った仕事を洗い出してみました。

こちらに一覧表を掲載することはしないですが、
研修やワークショップ、まちづくりトークなどで

講師出番は113回

応援した団体は50超

もっと色々やれたのでは、という反省はあれど、
自分なりに務めを精一杯果たせたと自己評価します。

ちなみに、市民協働コーディネーターの仕事で
一番楽しかったのは「ピースメッセンジャー」
中学二年生の20名と素敵な夏を過ごしました。

逆に、最もつらかった仕事は、「ヤカツ」こと
「旧野外活動センターの利活用を考える会議」
協働の難しさを痛感し、挫折経験となりました。

そして、最後に(明日もワークショップありますが)、
市民協働課の方々からもお花と寄せ書きをいただきました。

定時退社した後は、10年間お世話になった保育園へ。

保育園の送り迎えも最終日

新五年生の長女を伴って保育園に最後の挨拶にいきました。
園長先生や担任していただいた先生にお礼を伝えました。

市役所で働く貴重な経験ができたことで、
色々と良かったことや学んだことがあります。

後日、こちらのブログで改めてメモしたいと思いますが、

何より有り難かったのは、通勤時間が自転車で5分。
朝夕の送り迎え時間を確保できたことでした。

保育園の送迎を楽しめたのは、職住近接ができたおかげです。
五年前に保育園の隣に引っ越したことも大きいです。

そして、自称「フリーランス公務員」と名乗っていたほど、
自由な時間に出退勤してもOKをくれた課長に感謝感謝。

市役所からは離れますが(明日もワークショップありますが)
逗子には居ますので、今後もどうぞよろしく願います。

 - 市民協働コーディネーター