大相撲の優勝インタビューで「究極の感謝」でました。

「ありがとう、から始めよう」

私の講演セミナーは、感謝のメッセージで終えることが多いです。

感謝の反対語は「あたりまえ」。当たり前のことだからこそ、お互いに感謝を伝えあおう。

その話しをした後、「究極の感謝とは?」と問いを投げます。

究極の感謝とは、自分の母親に「産んでくれて、ありがとう」と伝えること。

日曜に埼玉で行った助産師会の講演でも、その話しで締めくくりました。

助産師さんは、究極の感謝を生み出す尊い仕事をされています。

講演を終えて、余韻に浸りながら、大相撲千秋楽をテレビで見ました。

徳勝龍が優勝です。優勝インタビューが始まりました。

「自分なんかが優勝していいんでしょうか?」の名セリフから始まったインタビュー。

 

最後は、次の言葉でした。

「お父さんお母さん、今まで産んで育てててくれて、ありがとうございます」

まさに、究極の感謝でした。場内、拍手喝采でした。

ちなみに、私が大相撲のテレビをみていたのは、さいたま新都心のサウナでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA