午後半日の働き方セミナー。いきいきと働く秘訣は「主体性」と「人間関係」

熊谷市にある企業で、若手社員を対象に午後半日セミナーを行いました。

平均年齢24歳。
私の親父ギャグは、いつにも増して滑りがちでした。

「働き方」がテーマのセミナーでした。
働き方に関して、私が伝えることはいつも同じです。

私自身、7回転職して様々な業界で働きました。キャリアの問題で常に悩まされてきました。自分らしい働き方についてトコトン考えた末に、たどり着いた結論が「主体性」と「人間関係」の二つでした。

理想の会社や理想の職場があるわけではない。
どこで働こうと、自分が仕事とどう向き合うかが大事。
重視すべきは、「主体性」と「人間関係」。

主体的にやらされ感ではなく取り組んでいると、いきいきできる。
人間関係、とくに職場では上司との関係が良いと、いきいきできる。

エビデンスに基づいた話しではないので、いつかデータをとって検証したいところです。

四時間セミナーのラスト一時間は、寸劇ワークショップをしました。

理想の職場などない、と言ったばかりすが、「皆がいきいきと働いている理想の職場」をお題に、バックキャスティングの手法を使って寸劇で表現。

5人グループに分かれて、シナリオを自分たちで考え、リハーサルを行なったうえで、順番に上演してもらいました。

AIが月報を作ってくれたり、サッカーの雑談をしながら仕事する等のシーンが出ました。みなさん、すごく楽しそうに、いきいきと演じていました。クローズのセミナーだったので写真でお見せできないのが惜しい。

そのなか、男性の育休や保育園お呼び出しなど仕事と子育ての両立を描いたグループが大半だったのが印象的でした。受講者の9割が独身者だったのですが。

彼ら彼女らの描く理想の職場に共通していたのは、次のことでした。

それぞれがプライベートで制約を抱え、
仕事以外にやりたいことがあるなかで、
お互いにフォローしあえる仲間がいる

それほど大げさなことではなく、ちょっとした気遣いと、心と時間の余裕があれば実現できそうです。

全グループの上演が終わったとき、「寸劇、楽しかったですか?」と挙手してもらいました。ほぼ全員の手が挙がりました。

寸劇をやることは前もって告知せず、その場で唐突に伝えました。えー!?という顔をした方がいて、みなさん最初は嫌な気分だったと思います。問答無用でやらされる形でしたから。

でも、最初は強制される形で始まるタスクだとしても、自らが「主体性」をもって取り組み、良好な「人間関係」を保ちながら行うと、いきいきと働くことができます。

すごく大事なことを共有できた演習でした。この感覚を、ぜひ職場に持ち帰ってください!と最後にお伝えしました。

寸劇ワークショップといいながら演技指導は一切しないですし、お題だけ与えて放り出す形の荒っぽい進め方なのですが、20代の人たちがのびのびと演じる姿を見ながら、この演習は面白い!と今回あらためて思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA