ZushiLife

仕事も生活も人生も楽しもう!

What is 社会デザイン?

   

逗子、横浜と役目をこなしつつ、夜は池袋の大学院へ。若林朋子先生「文化、芸術と社会デザイン」の授業を受けました。

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科「ソーシャルデザイン・オープンゼミ」の第13回です。大学院進学を検討する方などを対象に、無料で開講される授業です。様々なテーマで、毎回興味深い話題提供があります。

数えると、私は8回目の受講でした。来春から大学院進学を決めているので、来年度の授業を選択する参考に、色々な先生の講義を聞きたいと思って参加しております。

来年もう一回あります。1月16日18:30-20:00「難民問題と社会デザイン」、長有紀枝先生

今夜の大学はクリスマスイルミネーションで、ヒマラヤ杉の色電球がお迎えしてくれました。

今日の授業で一番印象的だったのは、若林先生が問いかけた「文化とは○○である」「○○は芸術/アートである」の「○○」に、それぞれの受講者が自分の練り上げた言葉で返していたことでした。

「文化」「芸術」に関しては、それぞれの方が持論あり、一家言を有しています。

では、「社会デザインは○○である」の問いにどう答えるか。

比較的新しい概念であり、非常に幅広い領域をカバーしており、なかなか語ることが難しいです。私もまだ自分の言葉をもっていない。

冒頭、上野千鶴子先生の定義が紹介されました。

最後に、若林先生の見解も紹介。

私が最近みつけた定義はこちら。

「ソーシャルデザイン」とは何かと言うと、「アイデアで世の中を良くするには、どうしたら良いのか?」という発想が前提となっている新しいビジネスモデルのこと。

 - 大学院