PTAウィズ倶楽部の第二回はZoomで開催。

PTAの活動を面白く楽しくするプロジェクト「ウィズ倶楽部」の第二回の会合を開催しました。(→前回レポート「PTAでウィズ倶楽部はじめました」

今回はZoomで実施しました。保護者の方から「Zoomでやりませんか?」とリクエストをいただけたおかげです。

アジェンダを用意しました。自己紹介タイムの後で、第一回の内容共有とアイデアの追加。最後に、今後の進め方について協議します。

自己紹介タイムでは、アメリカに転勤してニューヨークの小学校でPTSA(S=Student)の活動をされた方の話しを聞くことができました。授業の進め方や価値観が日米では全く違うと実感し、充実した時間になりました。

今回のミーティングで設定したゴールは、アイデアをブラッシュアップし、何か一つでも実現につながる展開を見出すことでした。

前回のウィズ倶楽部で出されたアイデアは次になります。

アイデアのブラッシュアップでは、屋外・屋内にかかわらず、換気を行ってソーシャルディスタンスを保つ配慮が必要と意見がありました。

他には学校に来るのが楽しみ!と子どもたちに思ってもらえるようなものがイイねという意見。アメリカの学校の事例を参照しながら、ファンドレイジングの活動を行う追加アイデアもありました。

ただ、この数日は感染拡大の兆候が見えており、人を集めるイベントは難しい。そこで、インターネットを介して行うものなら可能だろうという方向性になりました。

では、何から始めるか。あがっていたアイデアのなかで、「1年生保護者の情報交換の場」のアイデアに焦点があたりました。

学校で授業参観がなくなり、運動会もなくなったことで、保護者のほとんどは学校にいく機会がなくなっています。とくに一年生は保護者同士とお子さんの友だちと顔を合わせていない状態です。

第一回の会合で「学校に来るのは入学式以来なんです」と声があったと紹介すると、今回の一年生保護者から「入学式に行っていなかったので」とコメントもありました。

一年生保護者のつながり作りはニーズが高いし、行う必要性があります。できれば各家庭で子どもたちも入ってくれたら楽しい場になるだろうと想像できました。そこで、

「1年生のオンライン交流会」を開催!というゴールに着地しました。まずは一年生で実施して、要望があれば他の学年でも進めていきたいと思います。

企画運営チームの募集から近日始めます。その後の展開は又レポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA